退職代行事例

「退職を伝える相手は…」40代男性の退職代行

依頼者様の概要

  • 雇用形態:正社員
  • 勤続:1ヶ月
  • 業種:建設業
  • 年齢性別:40代男性

退職理由と結果

退職理由:仕事が合わない。入社1週間、退職が言えない。

結果:トラブルなく退職。

J-NEXTを利用した決め手:電話対応で不安解消、各種支払い方法。

今回の退職代行ケースの詳細

「伝える相手は、社長」、伝えられますか?本当に大丈夫ですか??

LINEからのお問い合わせ。相談内容にて退職完了までどう手順を踏めば良いか?退職日は決めているが、お願いするにもどうして良いのか分からない、本当に退職出来るのか?疑問と不安を抱いていた依頼者様。電話相談を希望していた為、人事に詳しい元管理職である運営スタッフが電話対応を行う。

電話対応開始、退職に伴う確認事項をヒアリング。お支払い方法や利用者様の特典を説明し退職代行をご理解して頂けました。そしてお勤め先に退職の意思を伝える希望日を打ち合わせ。そして伝える相手は…

「社長」。

依頼様は入社1週間が経過し、仕事が合わないため退職したい。悩んでいたところにJ-NEXT退職代行にお問い合わせをした流れとなった。

電話でヒアリングをした際、「伝える相手が社長ですが大丈夫ですか?」と質問がありましたので、「伝える相手が誰であろうと依頼者様の要望と退職意思をお伝えしますのでご安心下さい」

依頼者様の不安を解消し、退職代行の実行を決定。お支払いについてはコンビニ支払いを希望していた為、専用URLを送信しすぐにご対応をして頂けました。

社長は心配していた。退職理由は何ですか??

連絡当日、早朝8時に社長へ連絡。退職代行である事を説明し、戸惑いはあったもののご理解をして頂きました。

社長より、「入社1週間程ですが何か不満な点や退職理由は分かりますか?」。依頼者様より退職理由について「仕事が合わない」「今後続けて行くことが難しい」という声を聞いていましたのでその旨をお伝えしました。社長は怒りを見せることは無く、紳士に受け止める。

J-NEXTが依頼者様の本音を伝える事で、お勤め先に感謝される事もあります。言いにくい事や言えない事、依頼者様の気持ちを代弁する事もあります。

ダメだ!と思ったら悩まずにまずは相談して欲しいと思います。理由に寄っては退職を引き留める事もするかもしれません。

退職代行後の所感

今回のケースは、入社1週間で仕事が合わないと感じた依頼者の気持ちを電話対応で確認する事が出来た。退職を伝えたいが相手が社長の為、言いにくい。言えない。運営スタッフの元管理者も過去に同じ経験をした人物。

本音を伝える事は勇気がいる事。

しかし、今回社長に伝えた事は依頼者様の本音。働く側と雇う側の意識の違いが入社1週間では埋まらなったものと思われる。

J-NEXTは退職代行を行っていますが、依頼者にとって良くない言動である場合は、過去の経験を元にアドバイスを行う事もあります。しっかり話を聞いた上で、今後も退職代行を行っていきます。

退職代行のJ-NEXTでカジュアルに次のステップ