退職代行事例

「試用期間…辞めたい、仕事が合わない」50代男性の退職代行

依頼者様の概要

  • 雇用形態:正社員
  • 勤続:1ヶ月未満(試用期間)
  • 業種:運送業
  • 年齢性別:50代男性

退職理由と結果

退職理由:仕事内容が合わない

結果:トラブルなく退職

J-NEXTを利用した決め手:24時間対応、電話対応による不安解消

今回の退職代行ケースの詳細

「まだ試用期間…仕事が合わないと感じた。退職は出来るのか?」

「入社して1ヶ月も経っていない。試用期間ですが、仕事が合わないので辞めたい。こんな状況でもすぐに退職出来ますか?」

LINEでのお問い合わせを頂いた後、電話相談も希望されました。

  • 運送関係の仕事をしている。仕事が合わないので辞めたい。
  • 長時間労働で体力的にキツイ。
  • 試用期間の為、給料がもらえるか不安。
  • 社長に言いにくい。

という相談内容に対してJ-NEXT退職代行・運営スタッフは

  • 仕事が合わない職場で長く続ける必要はありません。弊社が退職の意思をしっかり伝えますのでご安心下さい。
  • 長時間労働は、精神的な負担にもなり得ます。万が一の事があってからでは取り返しが付きません。退職を検討された方が宜しいと思われます。
  • お給料は労働に対する正当な対価です。試用期間であってもお給料は会社側が支払う義務があります。支払わなければ会社側が罰則を受ける可能性があります。
  • 伝える相手が誰であっても退職代行は行いますのでご安心下さい。

結論、退職は可能と伝えました。

ここまでは無料で対応させていただき、
電話対応後、正式に依頼をいただき退職代行実行日を決定。

そして当日は、社長に連絡。

退職理由を伝える事で、社長に感謝される事もある

退職代行実行日、社長に連絡を行い退職の意思を伝え了承を得ました。退職を拒否される可能性があると思いましたが、真摯に受け止め今後の社員の働き方や社員待遇の改善等に繋げていくというお言葉を頂きました。

電話対応にて

社長より「退職理由を知りたい」と要望があった為、依頼者から了承を得た内容である「仕事が合わない、長時間労働」の2点の理由を社長に伝えました。

退職理由には、「本音」と「建前」がある。

依頼者とヒアリングをしていく中で本音を聞き出し、社長や人事担当に伝える事で感謝される事もあります。

退職代行後の所感

今回のご依頼者様は試用期間中で仕事が合わない、長時間労働で体力的にキツイ、依頼者の本音を会社側に伝えた事で感謝されたケース。会社側にとっても今後同じような退職者を出したくはないはずです。しっかりと問題点や原因を分析し、改善をして頂きたいと感じています。

過去の退職代行事例において、社長に言い出せない、言いにくいという声を受けています。会社のトップに直接伝える事は、勇気がいるもの。

退職したいのに言い出せない…とお悩みの方は、まずご相談下さい!

退職代行のJ-NEXTでカジュアルに次のステップへ!