退職代行事例

「長時間労働当たり前…社内雰囲気は最悪」20代女性の退職代行

依頼者様の概要

  • 雇用形態:正社員
  • 勤続:1ヶ月
  • 業種:不動産
  • 年齢性別:20代女性

退職理由と結果

退職理由:長時間労働、毎日の残業、職場雰囲気が悪い

結果:トラブルなく退職

J-NEXTを利用した決め手:電話対応で不安解消、退職スターターキット

今回の退職代行ケースの詳細

長時間労働に耐えられない、社内雰囲気も最悪

朝8時にLINEからのお問い合わせ。

毎日残業で長時間労働です。社内の雰囲気に圧倒され、続けていくとなると考えるだけで精神的に心が病みます

お電話でのやり取りを希望され、お話を伺っていくと

  • 男性社員が中心の職場で口調が高圧的で雰囲気が悪い。
  • 毎日残業が続き、帰宅は深夜。おまけに残業代が付かない。
  • 仕事を教えてもらえない。

パワハラとも言える内容を電話対応にて確認。今の職場状況から自分では退職を言えない。このままでは精神的に壊れてしまう…正式に退職代行の依頼を受けることに。

退職届の準備が出来ていない為、J-NEXTの特典である退職スターターキットを郵送し退職届の記入についてもサポートを行うことになりました。

「人事担当者より強い口調、罵声」こんな会社が存在するとは…

退職代行の連絡当日、依頼者様の退職意思を伝えると信じられない返答が…

「どこの退職代行会社?退職を代行している証明書はあるか?今すぐFAXしろ!」

「依頼者はいつから会社に来てないか知ってるか!?欠勤日数調べてから連絡しろ!」

「10分以内にまた連絡しろ!分かったか!?」

社会人とは思えない言葉遣いと強い口調
依頼様より伺っていた「社内雰囲気の悪さ」を電話越しでも確認できた。

 

その後は依頼者様のお勤め先の人事担当者からの意向に沿って粛々と退職に必要な工程を行いました。

  • 退職代行を委託している証明書をFAXこの時FAX番号は教えてもらえず「自分で調べろ!」と言われ、ホームページをチェック。10分以内の指示があった為、早急に対応。
  • 依頼者様に最終出勤日をLINEにて確認。
  • FAX完了と依頼者様の欠勤日数を折り返し連絡。

お勤め先からの依頼を全て対応し再度連絡。証明書の確認をして頂き、退職の意思を了承していただきました。

電話越しの人事担当者の口調は終始強い口調ではありましたが、最終的には退職届及び返却物の郵送する旨を伝え、退職代行は完了。

退職代行後の所感

長時間労働、残業の常態化、上司の態度、社内雰囲気の悪さなど、ブラック企業の要素が多い実態が見えた退職代行となった。

パワハラは受けた側の捉え方ひとつ。社風や上層部の考え方が変わらない限り、社内雰囲気も変わらないですね。

J-NEXT退職代行はブラック企業と言える相手でも依頼者様の退職意思、要望をしっかり伝えます。

「退職する権利」は誰にでもあります。

精神的に病んでしまう前にJ-NEXT退職代行に安心してご相談ください。

退職代行のJ-NEXTでカジュアルに次のステップへ!