基礎知識

【仕事を休みたいときに】上司から怪しまれない理由や言い訳を紹介!

退職代行を考えているなら絶対に"J-NEXT"がオススメ!
  • 1追加費用一切なし!2万円ぽっきり!
  • 2人事のプロが円満退職を代行!
  • 3面倒な退職手続きを楽らく解決!
    退職スターターキットプレゼント!

退職完了後も24時間時間365日サポート体制が充実!
「引っ越紹介割引サービス」「無料転職サポート付き」

「今日はどうしても仕事を休みたい・・・」朝起きたらこんな気持ちになっていたということも、会社勤めの人なら珍しくありません。

仕事を休むには罪悪感があるかもしれませんが、休みたいときは休むのが一番。

思い切り心身を休める事で、また仕事を頑張ることができるからです。

もちろん事前に有給休暇を取得して休むのがベストですが、当日どうしても仕事に行きたくないときは、上手な理由や言い訳を使いましょう。

今回は、そんなときに使える「上司から怪しまれない、休むための理由や言い訳」を紹介します。

「無断欠勤」はトラブルの元ですので、本記事の内容を参考にして連絡はしっかり行いましょう。

今すぐ逃げたいという方は「今日から出社する必要がない」退職代行を利用するのがオススメです。面倒な登録なしで真夜中でも早朝でも24時間相談したいときに相談できるのはJ-NEXTだけです!

LINEで今すぐ無料相談する

電話で無料相談する

仕事を休みたいときは休んだ方がいい理由


仕事を休むとき、少なからず罪悪感を感じてしまいますよね。

しかし、仕事を休みたいときは思い切って休んだ方が良いのです。

その理由は3つ。

  • 休むのも仕事のうちだから
  • 有給は権利だから
  • あなたが休んでも何とかなるから

ここでは、休むときは思い切って休んだ方が良い理由についてみていきましょう。

休むのも仕事のうちだから

仕事を休むのもまた「仕事」。

仕事の目的は成果を上げることであり、心身の体調を管理して目的を達成する必要があるからです。

例えば無理をして働いて成果を出せなかったら、今までの努力も無駄になってしまいますよね。

休みたいと思うのは、心身ともに疲れているサインです。

休むことに罪悪感を感じてしまう人も多いと思いますが、休むことも仕事のうちだと考えてしっかり休みを取りましょう。

有給は権利だから

有給休暇の消費は労働者の権利です。

取得をするのに罪悪感を感じる必要はありませんので、堂々と取得しましょう。

有給を取得しづらい雰囲気があるかもしれませんが、それは労働者ではなく会社側の責任です。

みんなでワーカホリックを演じていても意味がありません。

もちろん繁忙期などに対する考慮が必要な場合もありますが、基本的には有給は働く人の権利ですので心配しなくても大丈夫です。

あなたが休んでも何とかなるから

休むことに罪悪感を感じている方は「自分が休んでも会社は何とかなる」と自分に言い聞かせましょう。

会社というのは1人くらい休んでも意外とダメージが少ないものです。

1人休んだだけで業務に支障をきたしてしまうなら、それは危機管理ができていない会社側の問題。

もし同僚が1人突然休んでしまったら、会社は存続ができないでしょうか?

そんなことはありませんよね。

逆の立場になって考えてみると、1人休んだぐらいの影響は非常に少ないと分かるでしょう。

「当日」に仕事を休みたいときの言い訳・理由

まずは、前日までに会社には何も伝えていないときの「当日にいきなり休む場合」の言い訳を挙げていきます。

「今日はどうしても行きたくない・・・」というときに使ってみてください。

体調不良

当日の朝になってどうしても仕事に行きたくないときの言い訳として、「体調不良」は一番多い理由かもしれませんね。

「熱が出た」「頭痛がする」など、仕事を休むための理由はいくらでも考えられるはずです。

会社側も、体調不良の人を無理して出勤させるわけにはいきませんので、ほとんどの場合で問題なく休むことができるでしょう。

【体調不良で休むときの例】

「朝起きてから体調が悪く、少し熱もあるので本日はお休みをいただけないでしょうか」

「昨日の夜から頭痛がひどく、よろしければお休みをいただきたいです」

家族の看病

自分の体調ではなく「家族の体調が悪くてその看病をしたい」という理由も、スムーズに休みをもらえる言い訳としておすすめです。

小さい子どもがいる家庭の場合は、とくに使いやすい言い訳となります。

「家族の看病」であれば、翌日出勤したときに自分の体調について周りから気を遣われなくてすむので、その点でも使いやすい理由と言えますね。

【家族の看病で休むときの例】

「子どもが熱を出してしまい、本日お休みをいただきたいのですが」

「母がギックリ腰になってしまい、病院に連れて行きたいのでお休みをいただけないでしょうか」

「前日」に仕事を休みたいときの言い訳・理由


前日に休みの連絡をするには「変更できない用事がある」という点を強調しなければいけません。

前日に仕事を休みたいときは以下のような言い訳が良いでしょう。

  • 病院を受診
  • 遠方から家族・親戚が会いに来る
  • 各種手続きがある

ここでは前日に仕事を休みたいときの言い訳・理由について考えていきます。

病院を受診

病院の受診は言い訳には最適です。

「病気など我慢しろ」とは言われませんし、予約のために仕事を休まざるを得ない状況も理解してもらえるからです。

また、自分ではなく子どもや親などの受診を理由にしても良いでしょう。

【病院を受診するために休むときの例】

「〇月〇日に病院を受診をするのでお休みをいただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

遠方から家族・親戚が会いに来る

「遠方から家族・親戚が会いに来る」という理由もおすすめです。

ポイントは「遠方」という点。

この機会を逃したら会えないので休みを取りたいという点を強調しましょう。

急に来ることになってしまい大変申し訳ないが…という申し訳なさを出すと◎です。

【遠方から家族・親戚が会いに来るため休むときの例】

「明日ですが、急に遠方の親戚が訪ねて来ることになり、お休みをいただきたく思っております。よろしいでしょうか?」

各種手続きがある

各種手続きも理由に使うことができます。

何かの申請や手続きの場合「どうしても休まなければいけない」という感じを出せるからです。

設定としては「本来家族が行くはずだったが急遽行けなくなり、自分が行かなくてはいけない」という方が前日に言うことに対して違和感がありません。

手続きの内容までは言う必要がありませんが聞かれたら「実家の不動産手続きに関する書類」や「補助金の申請」などと答えましょう。

【各種手続きのために休むときの例】

「明日ですが、母親の治療費に関する手続きを役所で行うためお休みをいただけないでしょうか。妻(夫)に行ってもらう予定でしたが、急遽仕事で都合がつかなくなってしまい、私が行かなくてはなりません。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。」

「事前」に仕事を休みたいときの言い訳・理由


続いて、事前に伝えておくことで先の日程を休める言い訳を紹介します。

前日に伝えるのは不自然な言い訳もあるので、基本的には早めに相談しておくと良いでしょう。

友人や親戚の結婚式

事前に結婚式があることを伝えておけば、ほとんどの上司は休みを取ることに納得してくれるでしょう。

結婚式は人生の中での一大イベントですので、「その人を祝ってあげたい」という気持ちを優先させてくれるはずです。

とくに「自分の友人や親戚が会社とつながっている」というケースはほとんどないので、嘘だとバレる可能性が低いのも好都合ですね。

【友人や親戚の結婚式で休むときの例】

「◯月◯日は友人の結婚式があるので、お休みをいただいてもよろしいでしょうか」

親戚の法事

親戚の法事がある」という理由も、休みをもらいたいときに使いやすい言い訳です。

「法事なんかで休むな!」と言われることは、普通の感覚の会社であればまずありえないと思って大丈夫でしょう。

ただし、法事が急に入ってくることはあまり考えられませんので、早めに伝えておく必要がある点に気をつけましょう。

【親戚の法事で休むときの例】

「◯月◯日に親戚の三回忌があるので、お休みをいただいてもよろしいでしょうか」

市役所での手続き

市役所は平日しか開いていませんので、「何か手続きがあって市役所に行かなければいけない」という言い訳も使えます。

ただし、市役所での手続きを理由に「終日休む」のは少し不自然かもしれませんね。

例えば「午前中だけ頑張って出勤して、午後だけ休む」といった方法も一つです。

【市役所での手続きで休むときの例】

「市役所で住所変更の手続きをしなくてはいけないので、よろしければ明日の午後にお休みをいただきたいです」

嘘をついて仕事を休むときの注意点


ここまで仕事を休みたいときに使える理由や言い訳を紹介してきましたが、これらの言い訳を使うときには注意点もあります。

トラブルを避けるためにも、これから説明する3つの注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

当日の連絡は「電話で早めに」行う

当日急に休むことになる場合には、「電話で早めに」連絡することが大切です。

出勤時間を過ぎてから連絡するのはマナー違反ですので、当日の朝一番で休む旨の連絡を入れてください。

また、最近では「ライン」などのチャットツールなどで上司と連絡を取っている人も少なくありませんが、基本的には「電話」が無難です。

相手がラインを見ずに気づかれないケースも考えられるため、まずは職場に電話をかけ、どうしても繋がらない場合にラインなどを使うのが良いでしょう。

頻繁に嘘をつかない

今回紹介した「体調不良」や「親戚の法事」などの言い訳は、ほとんどの場合で怪しまれることなく休むことができますが、使い過ぎてしまえば話は別です。

とくに「法事」や「結婚式」は短期間にそう何度も起こることではないので、頻繁にその理由で休んでいれば当然疑いをかけられてしまいますよね。

また、「体調不良」といった仮病も使い過ぎには注意が必要です。

体調不良を理由に頻繁に休んでいれば、場合によっては「何か病気を持っているのでは・・・」と大きな心配をかけてしまうことも考えられるでしょう。

ズル休みしたことが発覚すれば自分の信用に傷がつく結果となってしまいますので、気づかれない範囲で適度に使っていくことを意識してください。

事前に「有給休暇」を申請するのが最も正当な手段

そもそも、「事前に有給休暇を申請する」という方法が、言い訳を考える必要もなく仕事を休める最も正当な手段です。

有給休暇は労働基準法で定められている「労働者に与えられた権利」なので、それを使うのに特別な理由は本来必要ありません。

有給を取る理由を聞かれたとしても「私用のため」という理由で十分であり、会社側が一方的にそれを拒否した場合は「違法行為」と見なされる可能性があります。

このように、有給は労働者に与えられた正当な権利であることを理解し、使うときには堂々と希望を出して構いません。

職場によっては有給を取りづらい雰囲気もあるかもしれませんが、そのような場合は「部署の中で順番に有給を取る」という方法を提案してみるのも一つの方法です。

仕事を休むときこんな休み方はNG!


仕事を休むとき、最低限守らなければいけないことがあります。

以下のような休み方をしてしまうと、社会人のマナーを疑われてしまうことになりますので気をつけましょう。

  • 同僚に伝えてもらう
  • メールで伝える
  • 重病であると仮病を使う

ここではNGな仕事の休み方についてご紹介します。

同僚に伝えてもらう

自分で休みの連絡をするのが気まずく、同僚に伝言を頼んで休む人もいるでしょう。

しかし、このような伝え方はNG。

同僚から上司にどのような伝わり方をしているのか分からないからです。

しっかり自分の言葉で伝えないと、上司からは無断での休みととられてしまうこともあります。

誤解を招かないためにも、そして何よりも社会人のマナーとして自分の休みは自分で申請しましょう。

メールで伝える

メールで休みを伝えるのも止めましょう。

メールなどは相手がいつ見るか予測できず、最悪の場合休みの連絡が伝わらなくなってしまう可能性があるからです。

自分としては休みを伝えたつもりでも、上司には伝わっておらず、無断欠席だと勘違いされトラブルになってしまう…という事態も考えられます。

休みの連絡は直接か電話で伝えるようにしましょう。

重病であると仮病を使う

重病のため仕事を休みたいというのは、休みを取るには強力な言い訳ですが、いつか嘘がバレるのでおすすめできません。

重病だと嘘をついた場合、しばらく重病である振りをする必要があります。

また、重病の場合は後から申請しても有給扱いにしてくれるという会社も多く「病院の領収書を出してください」と言われた場合、対応できませんよね。

仮病を使うなら「頭痛」「腹痛」「気分が悪い」など1日で治る可能性のあるものを使いましょう。

絶対注意!ズル休みが会社にバレたらどうなるの?


会社をズル休みした場合、もっとも怖いのは嘘がバレることですよね。

万が一ズル休みがバレてしまったときに考えられるリスクは以下の3つ。

  • 会社での評価が下がる
  • 休みを申請するたびに疑われてしまう
  • 社内規定によっては処罰の対象に

ここでは、ズル休みが会社にバレたらどうなるの?というテーマで解説します。

会社での評価が下がる

ズル休みだとバレた場合、会社での評価は下がります。

会社には居りづらくなり、人間関係にも影響することがあるかもしれません。

そのような状況になっても、すべて自己責任になってしまいます。

同僚からしても自分が必死に働いている中、同僚は家でズル休みしていた…と考えると良い気分ではありませんよね。

休みを申請するたびに疑われてしまう

ズル休みがバレると、休みを取ろうとするたびに「ズル休みなのではないか」と疑われてしまいます。

本当に具合が悪くて仕事を休みたくても、本気で信じてもらうことができません。

ズル休みをするときは嘘がバレないよう徹底するか、バレたときのリスクを考えるようにしましょう。

社内規定によっては処罰の対象に

大手企業などの場合、ズル休みは規定違反として処罰されることも。

減給となったり、最悪の場合は解雇の可能性もあります。

社内規定は長く働けば働くほど忘れがちになってしまうかもしれませんが、自分の身を守るためにも日頃から確認しておくようにしましょう。

たまには仕事を休んでリフレッシュしよう


毎日忙しく働いていれば、「仕事を休みたい」と思うときがあるのは当たり前。

とくに仕事でミスをしたり嫌なことがあったときは、会社に出勤するだけでも精神的に疲れてしまいます。

「今日行かなければ取引先に大きな迷惑がかかる!」というような状況でなければ、たまには仕事を「ズル休み」してリフレッシュするのも良いかもしれませんね。

退職代行ならJ-NEXT

J-NEXTが選ばれる理由
費用
20,000円追加費用無し
対応時間
24時間365日
退職事例
全事例を紹介中
特長

引っ越し紹介割引サービス

無料の転職サポート付き