ブラック企業・職場

職場のいじめはどうすれば解決できる?いじめの原因と対策を解説

職場 いじめ アイキャッチ

「職場でいじめを受けていて、会社に行きたくない」
「なんでいじめられるのか分からない」

このような思いを抱えていないでしょうか。

学生のころだけでなく、社会人になってからもいじめで苦しむ人は多いです。

2019年6月には、神戸市の小学校で教師によるいじめが発覚し大きな問題になりました。

管理人
管理人
職場のいじめは非常に多く、どの会社で起きても不思議ではありません。

「いじめが辛いけど頑張ろう…」と無理を続けていると、体を壊してしまいます。

この記事では、よくあるいじめのパターン・原因・解決法をまとめました。

  • いじめられる理由はどんなもの?
  • どうすればいじめを解決できる?
  • 裁判で訴えることは可能?

不当ないじめを耐え続ける必要はありません。

自分の身を守るためにも、一刻も早く解放されましょう。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

職場のいじめは約8万件!決して珍しくない

職場でのいじめは年々増加しています。平成30年には、全国の労働局に過去最高となる8万件寄せられました。

職場のパワハラ相談 過去最多の8万件超 | 産経新聞

具体的な内容はこの後解説しますが、殴る・蹴るなどの暴力といったパワハラに該当するものもあります。

日本ではいじめを含むパワハラをなくそうという動きが強まっていますが、それでも8万もの件数。

どこの会社でも起きかねないもので、なくすのは簡単なことではありません。

また、加害者側にはいじめをしているという認識がなく、あくまで指導のつもりで行っているつもりのことが多いです。

仮にいじめが発覚して会社側から聞き取りが行われても「指導のつもりだった」と言い張るケースも。

管理人
管理人
いじめを証明することは難しく、いじめがあったと認定されずに耐え続けなければならなくなることもあります。

職場のいじめで多い6つのパターン

職場のいじめで多いのは、以下6つです。

  1. 暴言や暴力を浴びせられる
  2. 仲間外れにされる
  3. 嫌がらせを受ける
  4. 大量の仕事を押しつけられる
  5. 仕事を回してもらえない
  6. ミスの責任を負わされる

順番に詳しく見ていきましょう。

1.暴言や暴力を浴びせられる

職場のいじめで最も多いのが、暴言や暴力を浴びせられることです。

  • 馬鹿・クズなどの人格を否定する内容の暴言
  • 殴る・蹴るなどの暴行

主に上司や同僚が加害者で、部署内などの集団で行われることもあります。

これらはパワハラにも該当しますし、身体的・肉体的にも負担の大きい深刻なものです。

2.仲間外れにされる

  • 声をかけたり質問しても無視される
  • 飲み会などのイベントから自分だけ外される
  • 業務に関する連絡を回してもらえない

このように自分だけが明らかに仲間外れの不当な状態にされるいじめです。

仕事で分からないことがあって質問しても、無視されてしまってはどう動けばいいのか分かりませんよね。

管理人
管理人
また、仕事を行う上で必要な情報が伝えられなければ、仕事をスムーズに行えません。

その結果仕事のミスが増えてしまい、そのことでさらに責められるという状況となります。

3.嫌がらせを受ける

嫌がらせは、本人がいないところで行われます。

  • 「〜さんがあなたの悪口を言っていた」など、事実でない噂を流す
  • 上司に事実と異なる報告をする
  • 見えないところで仕事を妨害する

このタイプのいじめは、表面上は親しく接していることが多く、誰によって行われているか分かりにくいのが厄介なところ。

上司よりも、立場の低い部下や後輩が噂を流すことが多いです。

4.大量の仕事を押しつけられる

自分1人に、業務時間内で絶対に終わらない量の仕事を回してきます。

  • 面倒に感じる仕事を押しつける
  • 数日かかる作業を1日でやるよう指示してくる

このようにして作業量を増やされると、残業をするしかありません。

しかし残業が増えれば、肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。

5.仕事を回してもらえない

逆に自分にだけ仕事を回してもらえないといういじめも。

これは実際には仕事があるにもかかわらず、仕事を与えていません。

1人だけやることがない状態を作り出すことで、孤独感を感じさせるやり方です。

過去には高等学校で、女性教論に対して授業や担任から外し、自宅研修をさせていた事例がありました。

職場いじめの事例!過去の裁判例やSNSの体験談からわかる実態

管理人
管理人
いずれも精神的に負荷がかかる深刻なものです。

6.ミスの責任を負わされる

上司など他の人が起こしたミスの責任を、自分がしたかのように押しつけられるいじめです。

自分が起こしたミスでなければ、当然ながら「それは私がやったことではない」と言いますよね。

しかし事情を知らない人からは「ミスをしているのに認めようとしない」と誤解されてしまいます。

それによってミスだけでなく、態度の面でも社内での評価が不当に落とされます。

職場でいじめられる原因は?

悩み

職場でいじめられてしまうのは、以下のような原因が考えられます。

  1. 仕事の能力の問題
  2. コミュニケーション不足
  3. 職場環境の問題

順番に詳しく見ていきましょう。

1.仕事の能力の問題

仕事ができない、もしくは仕事ができすぎることで反感を買うと、いじめの原因になります。

  • 同じミスを繰り返す
  • 仕事をなかなか覚えない

このように仕事ができないと相手を強く責める理由になり、それが暴言や暴力に発展しやすいです。

また、その反対に「仕事ができすぎる」のがいじめの原因になることも。

仕事の能力が高いことはいいことなのですが、人によっては恨みや妬みを買ってしまいます。

管理人
管理人
仕事ができることで特定の上司に気に入られれば、それをよく思わない人も出てくるでしょう。

そのため、足を引っ張って評価を落とそうとしていじめにつながります。

2.コミュニケーション不足

仕事を行う上では、コミュニケーションが必要不可欠。会社でもコミュニケーションを重視しているところが多いです。

  • 挨拶ができていない
  • 業務上の連絡が遅い

このようなコミュニケーションが不十分だと、仕事がスムーズに行えません。

そのため上司や同僚からよく思われず、いじめにつながってしまいます。

もし今までの自分の態度で思い当たることがあるなら、自分の非を認めて「報告・連絡・相談」をしっかり行うことを心がけましょう。

3.職場環境の問題

自分の能力や態度の問題ではなく、職場環境そのものに問題があるパターンです。

管理人
管理人
会社の労働環境が悪く長時間労働が当たり前になっていれば、仕事上の立場に関係なくストレスがたまるもの。

仕事に追われるイライラを暴言などで誰かにぶつけてしまえば、それがいじめに発展しやすいです。

また、ワハラに該当するような指導が会社の中で定着てしまっている場合もあります。

このような職場環境に原因がある場合は、社内でいじめを解決することは難しいです。

どのような対策を取ればいいのかは、この後解説していきますね。

職場のいじめを解決する3つの方法

職場のいじめを解決する方法は、以下の3つです。

  1. 上司や会社の相談窓口に相談する
  2. 部署の異動を希望する
  3. 社外の相談機関を使う

順番に詳しく見ていきましょう。

1.上司や会社の相談窓口に相談する

自分がいじめられていることを会社の上司に相談し、解決を図りましょう。

上司から受けている場合は、別の上司に相談します。

管理人
管理人
もし会社内に相談窓口が設置されている場合は、そこを利用するのも有効です。

しかし相談する場合は、いじめを受けていることの証拠が必要。

明確な証拠がなければ「考えすぎなんじゃないか」と受け止められ、十分な対応をしてもらえない可能性があるためです。

暴言を受けている音声を録音したテープや動画があれば証拠となり、会社側にいじめがあることを証明できます。

2.部署の異動を希望する

会社で部署の異動が可能なら、別の部署への異動を希望しましょう。

いじめをしてくる社員と関わることのない部署に異動することで、解決できます。

仕事上で関わりがあれば、いじめをしてくる人と接することは避けられません。

管理人
管理人
部署を異動すれば仕事上でのつながりがなくなり、いじめから抜け出すことができます。

しかし人によっては、異動した後も別の手段で嫌がらせをしてくるかもしれません

その場合は上司に相談するなどして、解決を図りましょう。

3.社外の相談機関を使う

社内での解決が困難なら、社外の相談機関を使いましょう。

相談できる社外の機関は、以下の3つです。

  • 労働局
  • 労働組合
  • 弁護士

労働局に相談すると法律にのっとったアドバイスをもらえますし、労働組合なら団体の力で、会社にいじめの解決を働きかけることが可能です。

しかし労働組合は解決のアドバイスをくれるのみなので、そこから先は自分で解決しないといけません。

労働組合は「組合が一丸となって会社と闘う」という組織のため、上司などから個人的にいじめを受けている場合は効果が期待できません

管理人
管理人
もし直接的にいじめの解決に動いてもらいたい場合は、お金がかかりますが弁護士に相談しましょう。

いじめの度合いによっては、法的措置を取れる可能性もあります。

職場のいじめを裁判で訴えることは可能だが難しい

職場のいじめを裁判で訴えることは可能です。

たとえば殴る・蹴るといったいじめは暴行罪や傷害罪、暴言は刑法の違反に該当する場合があります。

また、いじめによって精神疾患となっていれば、損害賠償を請求することも可能です。

管理人
管理人
裁判で訴えるためには、いじめがあったことを証明する必要があります。

しかしいじめやパワハラは、どういったものが該当するかの定義が曖昧。

かなり悪質な場合以外は、訴えが認められる可能性は低いです

どうしても訴えたい場合は、音声や動画などいじめを証明できる証拠を用意しましょう。

まとめ:我慢してうつ病になるくらいなら退職すべき

退職届

最後にここまでの内容をまとめましょう。

  • 職場のいじめは年間8万件もの相談がある
  • 指導のつもりでやっていて、自覚がないことも多い
  • どうしても解決できない時は社外の機関に相談する手もある

職場のいじめは全国に蔓延していて、どこの会社で起きてもおかしくありません。

管理人
管理人
暴言や暴力といったいじめはパワハラにも該当しますが、加害者側は自覚がないことが多いです。

そのためいじめをなくすことは非常に難しいですし、解決するのも容易ではありません。

様々な対策をとってもいじめを解決できず、これ以上耐えられないと思ったらすぐにでも会社を辞めて職場から離れましょう。

我慢し続けていると精神的に追い詰められていき、最悪の場合うつ病になってしまうかもしれません。

1度壊れた心は簡単には修復できないので治療に時間がかかりますし、その分社会復帰も遅れてしまいます。

せっかく就職した会社をいじめのせいで辞めたくないと思いますが、自分の体が何よりも大事です。

ただ、いじめを受けているなら「周りからなんて言われるか分からない…」と不安に感じて退職の意向を伝えるのに抵抗があるかもしれません。

その場合は、退職代行を利用しましょう。

退職代行とは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスのこと。

  • 上司と顔を合わせることなく退職できる
  • メール、電話、LINEでやり取り可能
  • 雇用形態に関係なく利用できる

中でもJ-NEXT」は業界最安値の20,000円で利用できます。どうしても辞めづらい時は相談してみてくださいね。

http://j-next.biz/media/j-next/

この他におすすめの退職代行を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

http://j-next.biz/media/taisyokuservice-rank/

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ