基礎知識

【つらい】仕事ができない原因・対策を知って苦しみから解放されよう

仕事 できない つらい アイキャッチ

 

「仕事が全然出来なくて会社に行くのがつらい…」

「毎日上司に怒られてばかり…」

「迷惑をかけるなら退職した方がいいんじゃ…」

このようなつらい思いを抱えていませんか?

管理人
管理人
仕事ができない悩みは、職歴・年齢問わず多くの人が抱えるもの。

上司に怒られますし、同僚や他の社員と自分を比べて落ち込んでしまいますよね。

しかし仕事ができないのはあなたの能力がないからではなく、仕事のやり方を間違えていることが原因です。

そこでこの記事では、以下のことを解説します。

  • 仕事ができない人の特徴・原因は?
  • 仕事ができるようになるための対策は?
  • 転職して環境を変えれば悩みは解決する?

仕事ができなくてつらい思いをしているあなたへの解決策となれば幸いです。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

仕事ができない人の8つの特徴・原因

仕事ができない人の特徴・原因は、以下8つです。

  1. 仕事を覚えるのが遅い
  2. 自分は仕事ができないと決めつけている
  3. 時間管理ができておらず仕事の生産性が低い
  4. とにかく自分でやろうとする
  5. 分からないことを質問せずそのままにしている
  6. 仕事の流れを理解していない
  7. 人間関係がうまく築けていない
  8. モチベーションが低く仕事に対してやる気がない

順番に詳しく見ていきましょう。

1.仕事を覚えるのが遅い

仕事を覚える早さは人それぞれ。中にはなかなか覚えられない人もいますよね。

ただ、仕事が覚えられないとそれが原因でミスを重ねやすいです。

ミスをした場合は上司がカバーしてくれますが、何度も続くようだとその分上司の時間を奪うことに。

そのため、自分だけでなく周りの仕事も遅らせてしまいます。

2.自分は仕事ができないと決めつけている

仕事がうまくいかずミスが続くと「自分は仕事ができない…」と感じるものですよね。

それ自体は問題ないですが、そこで思考が止まってしまうようなら要注意です。

なぜなら「どうすれば仕事ができるようになるか」を考えなくなるため。

「自分は仕事ができないから」と諦めてしまい、仕事方法の改善に取り組みません。

管理人
管理人
仕事ができないのは必ず原因があります。

この後解説する「仕事ができない原因」を参考にやり方を改善してみましょう。

3.時間管理ができておらず仕事の生産性が低い

仕事ができない人は、時間管理ができていません。

自分に与えられた仕事を、ひたすらこなすだけになっています。

優先順位を把握しているわけでもなければ、段取り・作業方法も非効率的です。

そのため生産性が低くなり、時間をかけても仕事が終わらない状態になっています。

4.とにかく自分でやろうとする

仕事の中には、他の人に協力してもらったほうが早く終わるものもあります。

しかし「自分1人で解決しなきゃ成長できない」「助けてもらうなんて甘えだ」と考えていると、周りに頼ることをしません。

全部自分だけでこなそうとしてしまい、仕事の効率が落ちてしまいます。

5.分からないことを質問せずそのままにしている

分からないことをそのままにしていて、きちんと理解していないことも仕事ができない原因です。

「こんなことを聞いたら怒られるんじゃ…」などと考えて分からないことを聞けず、誤った方法で仕事を進めてしまいます。

管理人
管理人
仕事に慣れるに従って、上司に分からないことを聞きづらくなるもの。

しかし上司に聞いて怒られるほうがおかしいですし、分からないまま仕事をしてミスされるほうが迷惑をかけます。

些細なことであっても自分で判断せず、分からないことは上司に聞くようにしましょう。

6.仕事の流れを理解していない

仕事は自分1人で行うものではないので、必ず流れがあるもの。

それなのに流れを理解していないと、仕事の認識が甘くなってしまいます。

管理人
管理人
例えば他の部署の人に仕事を頼む場合、時間がかかるので余裕を持って依頼しなければいけません。

しかし仕事の流れを理解していないと、ゴールからの逆算ができません。

そのため他の部署の人への配慮ができなかったり、納期目前になって慌てるということが起きやすくなります。

7.人間関係がうまく築けていない

職場での人間関係がうまく築けていないと、仕事がうまく回りません。

人間関係においては、上司との関係がうまくいかず悩む人が多いです。

自分自身がコミュニケーションに消極的だったのであれば改善しやすいですが、上司の接し方に問題がある場合もあります。

  • 言っていることが頻繁に変わる
  • 暴言を吐いてくる

このような上司だと、分からないことを聞きづらいですよね。また、連絡事項があったとしても伝えづらいです。

「自分なりに頑張っていくけど、どう付き合っていけばいいか分からない…」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

仕事の人間関係に悩んだときは・・・退職を考える前にしてほしいこと仕事の人間関係に満足している、という人はいったいどれくらいいるでしょうか。 大体の人は先輩や上司、同僚に後輩など、嫌いな人・そりが...

8.モチベーションが低く仕事に対してやる気がない

仕事に限らず何事も、成長するには自発的に取り組むことが重要。

しかし以下のような理由で仕事へのモチベーションが低くなっていると、なかなか成長できません。

  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 給料
  • 労働環境

このような理由で仕事へのモチベーションが低いと成長できませんし、ストレスもたまります。

管理人
管理人
仕事を嫌々やっていると気が滅入ってしまい、精神的にもつらいです。

「仕事をしたくない…」という思いが強い方は、以下の記事も参考にしてみてください。

仕事したくないときの対処方法!5つの理由から解決策を探る!朝早くに家を出て、会社に向かう途中で・・・ 「あ〜あ、仕事したくないなぁ・・・」 こんなことを思う人は少なくないでしょう。 ...

仕事ができない1〜3年目の状況

働き始めて1〜2年目であればまだ仕事に不慣れですし、ミスが多くなります。

新人なのでできなくて当たり前ですし、上司や周りの方からも大目にみてもらえるものです。

しかし3年目以降は、風当たりが強くなるのでそうはいきません。

上司や周りの方からは「これくらいはできて当然」というふうに、求められるレベルが上がってくるためです。

管理人
管理人
そのため、「新人だから」という言い訳が通用しません。

また、後輩の指導をしないといけない場合もあり、仕事ができないとうまく教えることもできず苦労することに。

責任が重くなり求められるものも変わるので、仕事ができないことの悩みも大きくなります。

仕事ができないことで悩んでいる30代・40代の人も多い

上記の1〜3年目の社会人だけでなく、30〜40代の方も仕事ができないことで悩んでいます。

ネット上の声をみてみると、過呼吸・うつ手前にまで追い込まれてしまっているものも。

また、転職を何度も繰り返しているものの、いつも人間関係など同じ原因で悩んで退職してしまうという声もありました。

結婚して家庭を持っている方であれば、仕事ができないことはより深刻な問題。

管理人
管理人
仕事ができない悩みは、年齢に関係なく多くの人が抱える悩みです。

仕事ができるようになるための5つの対策

仕事ができない原因があるということは、当然対策もあります。

  • なぜ仕事ができないのか
  • どうすれば仕事ができるようになるのか?

これらを考えて仕事の仕方を見直していきましょう。

そうすれば、必ず仕事ができるようになっていきます。

仕事ができるようになるための対策は、以下の5つです。

  1. 報連相を必ず行うようにする
  2. 焦らず自分にできることを確実にこなしていく
  3. その日自分がやるべき仕事量を把握し段取りをする
  4. 分からないことは素直に聞く
  5. 先輩や上司の動きを観察し真似する

順番に詳しく見ていきましょう。

1.報連相を必ず行うようにする

よく言われることではありますが、報連相(報告・連絡・相談)を徹底し必ず行いましょう。

中には「こんな細かいことは言わなくてもいいかな…」と感じるものもあるかもしれません。

言うか迷うくらいなら伝えておいた方がいいです。

自分で分かっていないだけで重要なことかもしれないので、軽く考えずに連絡しましょう。

管理人
管理人
また、報連相を徹底することで、仕事のスケジュールを意識できるようになる効果もあります。

2.焦らず自分にできることを確実にこなしていく

仕事ができないと「早く周りに認められるようにしないと…!」と焦ってしまいます。

しかし仕事を覚える早さは人それぞれ。焦ったところで、仕事ができるようにはなりません。

むしろ焦るあまり自分のレベルに見合っていない仕事まで受けてしまったら、ミスが増えて逆効果です。

まずは自分にできることを確実にこなし、周りからの信頼を得ましょう。

3.その日自分がやるべき仕事量を把握し段取りをする

特徴・原因の見出しで前述しましたが、仕事ができない人は時間管理ができていません。

そのため、「その日自分がやるべき仕事量」を把握できていないことが多いです。

  • どれくらい時間がかかるか
  • どの順番でやるのが効率的か
  • 優先すべき作業はどれか

その日の仕事を始める前にこれらのことをはっきりさせましょう。

そうすれば自然と時間管理ができるようになります。

4.分からないことは素直に聞く

仕事で分からないことがあっても、それをそのままにしていたらミスをしやすいです。

また、誤った方法で仕事をしているため、なかなかできるようになりません。

分からないことを何度も聞いていると「前に言っただろう!」と怒る上司がいるかもしれませんが、ミスをして迷惑をかけるよりマシです。

そもそも分からないことを聞いて怒る方がおかしいですよね。

管理人
管理人
疑問に感じたことは、素直に質問しましょう。

また、相談しやすいように日頃からコミュニケーションをとっておくことも重要です。

5.先輩や上司の動きを観察し真似する

教えてもらったことをきちんとやることは、もちろん重要です。

しかしそれに加え、仕事ができる先輩や上司のやり方を観察し真似すると、さらにスキルが向上します。

管理人
管理人
仕事ができる人は、効率的に行なっているため作業が終わるのが早いです。

そういった人の仕事の仕方を観察していると、「この作業はこうやれば早く終わるんだな」というのが分かってくるもの。

また、観察して分からなかったことを直接質問すれば、より理解が深まります。

仕事ができる人のやり方を観察し、自分のやり方と何が違うか・どこに無駄があったかを把握し改善しましょう。

どうしても仕事ができずつらいなら転職して環境を変えよう

退職

仕事ができないのはもしかすると、職場環境や仕事内容があっていないからかもしれません。

どうしても仕事ができずこれ以上は無理だと感じたら、転職して環境を変えるのもひとつの手です。

管理人
管理人
しかし転職する場合も、なぜ仕事ができなかったのか原因を理解しておきましょう。

そうしないと、また同じ理由で退職することになるかもしれません。

また、転職したものの思っていた職場と違ったり、むしろ環境が悪化してしまったりすることもあります。

せっかく転職しても職場環境が改善されなかったら、意味がありませんよね。

転職で後悔したくない方は、以下の記事も参考にしてみてください。

こんな転職はいやだ!後悔してしまう5つのパターンと対処方法を解説会社に不満があって転職を実現させても、その不満が必ず解消されるとは限りませんよね。 理想としていた仕事内容とは大きなギャップがあっ...

体を壊す前に退職を!注意すべき体からの2つのサイン

仕事ができずつらい思いをしたまま働き続けるのは、大きなストレスです。

我慢して働き続けていると体を壊し、うつ病になってしまうかもしれません。

うつ病になると治療に時間がかかり、社会復帰も遅れてしまいます。

そんなことになるくらいなら、無理せず退職したほうがいいです。

体を壊す前には、必ず体からのサインが出ています。

  1. 肉体面の不調サイン
  2. 精神面の不調サイン

順番に詳しく見ていきましょう。

1.肉体面の不調サイン

肉体面の不調サインは、以下のものです。

  1. 寝ても仕事の疲れが取れない
  2. 頭痛やめまいがひどい
  3. 仕事に行こうとしても体が動かない

ただ肉体面の不調は、仕事の疲れが溜まっているのが原因のことも多いです。

その場合1日仕事を休むことで、体調が回復します。

上記のような症状があるなら、会社を休んで様子を見ましょう。

休んでも改善されないようなら、このあと解説する精神面の不調が原因かもしれません。

2.精神面の不調サイン

休むことで改善できる肉体面のサインと比べて、簡単には改善できないのが精神面の不調です。

精神面の不調を無視して働き続けていると、最悪の場合うつ病になってしまいます。

精神面の不調サインは、以下のもの。

  1. 仕事に集中できない
  2. 朝起きて会社へ行きたくなくて涙が出る
  3. 家でも仕事のことが頭から離れない

このような精神面の症状が現れている場合、うつ病の可能性があります。

本格的にうつが進行する前に対処し、病気になるのを防ぎましょう。

「もしかしたらうつの症状があるかも…」と感じた方は、以下の記事を参考に対処してみてください。

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?「仕事辞めたい・・・」 そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。 厚生労働省が3...

まとめ:今すぐ退職し環境を変えるなら「退職代行」がおすすめ

仕事ができない原因は人それぞれ。しかし原因が分かれば、どうすればいいか対策を立てられるようになります。

まずはなぜ仕事ができないかを把握しましょう。

管理人
管理人
原因を理解し仕事の仕方を改善していけば、必ず仕事ができるようになっていきます。

ただ、上司など職場環境の問題があったり精神的に限界がきていたりするようなら、無理に働き続けるのは逆効果。

最悪の場合うつ病になってしまうので、すぐにでも退職し環境を変えるべきです。

とはいえ仕事ができず精神的に追い詰められていたら、なかなか退職の意向を伝えられないかもしれません。

そのような場合は、退職代行を使ってみましょう。

退職代行とは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスのこと。

  • 上司と顔を合わせることなく退職できる
  • メール、電話、LINEでやり取り可能
  • 雇用形態に関係なく利用できる

中でもJ-NEXT」は業界最安値の20,000円で利用できます。どうしても辞めづらい時は相談してみてくださいね。

http://j-next.biz/media/j-next/

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ