基礎知識

社会人に向いてない人の特徴と原因は?対策と仕事の適性について解説

退職代行を考えているなら絶対に"J-NEXT"がオススメ!
  • 1追加費用一切なし!2万円ぽっきり!
  • 2人事のプロが円満退職を代行!
  • 3面倒な退職手続きを楽らく解決!
    退職スターターキットプレゼント!

退職完了後も24時間時間365日サポート体制が充実!
「引っ越紹介割引サービス」「無料転職サポート付き」

社会人 向いてない アイキャッチ

「人間関係が辛い……」

「仕事が全然上手くいかない……」

会社で働いていれば、そんな風に悩むことは誰にでもあることでしょう。悩みが積もり積もって「自分は社会人に向いてないのでは?」なんて考えてしまったことはありませんか?

周りの人が社会人として立派に働いている中でそんな風に思ってしまうと、「自分はダメだ」と悩んだり、どう生きればいいのか分からなくなりしてしまいかねません。

それでは、どういった時に人は「自分は社会人に向いてない」と思ってしまうのでしょうか。

管理人
管理人
「社会人に向いてない」と思うケースは大きく分けて二つです。
  • 自分の性格から社会人に向いてないと思うケース
  • 外部要因によって社会人に向いてないと思ってしまうケース

今回の記事では、社会人に向いてない人の特徴や原因と、そんな風に悩んでしまった時に取れる対策について解説していきます。

社会人に向いてない人の特徴

社会人に向いてない人の特徴とは、どんな物があるのでしょうか。

向き不向きの問題であり、決して能力の優劣に依らない部分ですが、どういった人が社会人に向いてないと感じてしまうのか紹介していきます。

  • 組織で行動するのが苦手
  • 時間で束縛されたくない
  • 好きな時に休みを取りたい
  • コミュニケーションが上手く取れない
  • 働く理由が分からない

組織で行動するのが苦手

自分は根っからの個人プレイヤーだと言う人は一定数いると思います。

「指示を出すのも出されるのも嫌」

「とにかく一人で動きたい」

そんな人は残念ながら組織で動くことが前提の企業勤めは厳しいです。

管理人
管理人
ただし、どんな人も最初から上手くできるということは有り得ません。

特に、新人のうちは周りが見えないところで助けてくれていることもしばしば。

自分が助けてもらっていることを知れたら、チームプレイの楽しさに気づけるかも。

時間で束縛されたくない

企業に勤めている限り、就業時間による拘束は必ずと言っていいほど受けてしまいます。最近はリモートワークを認める企業も増えてきましたが、それでも大半の企業は時間通りに出社することを求めます

「朝の時間は大してやることがないのに出社しなければいけない」

「仕事が終わったのにまだ定時前だから帰れない」

多くの人がなぜなのかと疑問に思うことですが、社会人であれば出勤は義務になってしまいます。

ただでさえ都内での電車通勤は精神的に辛いのに、出社が単なる義務からとなれば尚更!

時間的な拘束さえ受けなければ、いくらでも空いている時間に乗れるのに、出社時間を固定されると否が応でも満員電車に乗ることになります。

管理人
管理人
そうした束縛が苦手な人には、社会人であることはとても辛いことですよね。

好きな時に休みを取りたい

自分の好きなタイミングで働き、好きなタイミングで休む。そんな自由な暮らしを求めるような人は、社会人に向いてないでしょう。

大多数の会社が土日休みである以上、週末はどこに行っても混みます。

長期休暇のタイミングも全てかぶるため、例えば飛行機のチケットも高い時に買うしかありません。

管理人
管理人
のんびり休むはずの休日なのに、それではどこに行っても落ち着きませんよね……。

有給休暇が制度として存在しても、自分の好きなタイミングで使うのはなかなか難しいものです。

自由に働く時間を選びたい人は、別の働き方を検討してみた方がいいでしょう。

コミュニケーションが上手く取れない

社会人は基本的に組織で行動します。一人で完結する仕事は少なく、どんな仕事も上司や同僚、あるいは顧客とのやりとりが発生するのです。

誰にでも得手不得手はあるため、円滑なコミュニケーションができる必要はありません。

管理人
管理人
しかし、最低限の報・連・相はどんな職種であっても必要となります。
  • 「大丈夫です」のような主観での報告をしない
  • 結論と根拠を伝えることを心がける
  • 上司に聞かれていることに正確に答える
  • 状況が変わるたびに、こまめに連絡を取る
  • 「怒られるかも」と思っても、隠さず現在の状況を相談する

そういったことを意識するだけでも、十分コミュニケーションを取れるようになります。

しかし、どうしても苦手意識が拭えない人は、比較的やりとりの発生しない仕事か、個人で完結できる仕事への転職を考えてみましょう。

働く理由が分からない

「そもそも、なんで働かなければいけないの?」と疑問に思ってしまうことは、誰しも一度はあるでしょう。

働かずに生きていけるのであれば、それほど楽なことはありませんよね。

とは言え、そういった願望は全ての人が感じると言っても過言ではなく、そんな気持ちを抱いたからといって、自分を「社会人に向いてない」と思う必要はありません。

管理人
管理人
自分を卑下せず、”今の仕事”に向いてないと思った時には、転職などの選択を検討してみましょう。

社会人に向いてないと思う原因

社会人に向いてない人の性格を紹介してきましたが、一方で外部要因によってそう感じてしまうケースもあります。

特に新卒で入社した人は、入社前に思っていた理想と入社後に感じる現実とのギャップ、いわゆるリアリティ・ショックによって「思っていたのと違う……」と環境、あるいは自分自身に失望を覚えてしまいがちです。

具体的には、どういう時にそういった失望を感じてしまうのでしょうか。

リアリティ・ショック

新卒の社会人を対象とした調査で、こんなデータがあります。

なんと新卒の中で76.6%の人、およそ4人に3人がなんらかのリアリティ・ショックを受けたと回答しています。

次のデータで分かる通り、人は様々な要因からリアリティ・ショックを感じる可能性があります。

こちらはリアリティ・ショックを強く感じた人と比較的そうでもない人の、企業に対する満足度の推移を表しています。表を見ると明らかですが、強く感じた人ほど企業への満足度が次第に低くなっているのがわかります。

管理人
管理人
リアリティ・ショックから退職につながってしまうことは決して珍しいことではないのです。

やりがいのなさ

入りたいと思って入った会社なのに、仕事にやりがいを感じられないことはないでしょうか。

先のデータに載っていたように、入社前とのギャップを感じる人は少なくありません。

また、下記のデータを見ると、やりがい(働く喜び)を求める人が78.6%と大多数の人がそう感じているのに対し、実際にやりがいを感じている人は36.1%しかいません。

やりがいは必要なのに実際に感じることができないと、働くことがとても辛く感じてしまいますよね。

それでも、ギャップを解消できればやりがいを感じられるようになる可能性があります。

管理人
管理人
スポーツでもできることが増えるほど楽しくなっていくように、ふとしたことがきっかけで意識に変化が現れることもあります。

周りの人や同期に相談して、他の人はどんな時にやりがいを感じるのか、自分は何に対してやりがいを感じるのか改めて考えてみましょう。

職場の人間関係

「職場に馴染めない」と悩んでいる人もいるかもしれません。人間関係の悩みはとても多く、誰にでも降りかかってくるものです。

下の図でも分かるように、退職を考えるきっかけの上位に人間関係がランクインしています。

人間関係の中でも特に上司との関係で悩んでいる方は、こちらの記事に詳しく書いてあります。

上司嫌い辞めたい
「上司が嫌いで辞めたい!」上司との関係に悩んだ時の対処法8つ「上司が嫌いで辞めたい」そう思ってしまうことは、決して珍しいことではありません。嫌いな上司がいる場合、まずはこの記事で提案する対処法8つを試してみてください。それでもどうしても辞めたい場合は勇気を出して退職してしまいましょう!円滑に退職するために、退職するときの注意点を必ず読んでおいてください。 ...

たとえどの企業に就職したとしても、残念ながら他の人と関わることは避けられません。しかし、全く自分の色と違う風土の企業に就職してしまった時には、どうしても居心地の悪さを感じ、「社会人に向いてない」と思ってしまう場合があります。

「自分はもっとロジックを重視したいのに、社長は根性論を掲げている」

「データを元にした話をしたいのに、職場の人はアナログだ」

「大人になれ」と言われても、なかなか納得できないこともありますよね。

管理人
管理人
多少のギャップならとにかく、溝が埋まりそうにない時には転職を検討してみましょう。

実力不足

外部要因とはやや異なりますが、単純に実力不足によって社会人に向いてないと思ってしまうことは珍しくありません。ただし、これはあくまでも”その時点での実力”についてです。

「もっとできると思っていたのに失敗ばかりしてしまう」

自分の思い描いていた姿と現実の違いに、どうすればいいのかと悩んでしまうかもしれませんね。

上司からは「俺の若い頃はもっとできた」と耳にタコができるくらい聞いているかもしれません。ですが、そう言う上司も若い頃はちゃんと仕事をこなせなかった時代があるものです。

管理人
管理人
どんな人でも、最初から簡単にできる訳ではありません。

まずは自分の現在の実力を認識して、今何をすればいいのか、これから先どんな風になっていたいのかを明確にしてみましょう。

社会人に向いてないと思った時にできること

ここまで、社会人に向いてないと思ってしまう特徴や原因を紹介してきました。

続いて、ここからは具体的にどんな対策が取れるのかを解説していきます。

休職

まず取れる策として休職が挙げられます。

心身ともに疲弊してしまった時は、会社に休職を申し出てみましょう。

「今は忙しいから」と働いている間に諦めてしまっていたことがあったとしても、一定期間働いていれば、それなりにまとまった額の貯金があるはずです。それを元手に海外旅行に行ってみるのもいいかもしれませんね。

「病は気から」と言いますが、リフレッシュしてみたら案外今まで悩んでいたのが嘘のように楽になっていることも。「なんであんなに悩んでたんだろ」と振り返ってみたら全然大したことでないように感じられるかも。

流石に働き始めてすぐに、という訳にはいかないものの、長く勤めているうちに自分を見つめ直したくなった時にはオススメできる選択です。

管理人
管理人
会社側からは難色を示される可能性もありますが、自分の目的を明確にした上で、なぜ休職したいのかを伝えられれば、必ず理解してもらえます。

仮に、全く相手にしてもらえない状況だったら、それはそれで「この会社で働き続けていいのか?」と貴方の中で新たに「転職を検討する」という選択肢が浮上してくるはず。

退職後に少し期間を空けてから転職先で働き始める人は沢山います。

どんな形であれ、まずはリフレッシュすることを考えてみてください。

他社への転職

社会人に向いてないと思ってしまうのが、外部要因によるものだった時に有効なのが転職です。

周りの人たちや企業との反りがたまたま合わなかったとしても、別の場所では、すんなり馴染めたり空気が肌にあっていたりすることも。

管理人
管理人
ガラリと環境を変えることで劇的に状況が変化する可能性があります。

転職にあたり、会社との話し合いは避けては通れません。転職の意思を伝えるのは躊躇われるかもしれませんが、今では退職代行といった自分の代わりに会社と話を付けてくれるサービスがあります。

特にJ-NEXTでは業界の中でも格安で請け負ってくれるため、相談のハードルがとても低いです。

起業

「やりたいことはある。けれど、就職したい会社がない」

そんな人が取れる選択肢は大きく分けて二つです。一つ目が自ら起業することです。

もちろん転職に比べると、起業することは遥かにハードルが高いと言えます。

転職であれば就職さえ決まれば給料は保証されるため、すぐに食いっぱぐれてしまうことはありません。

しかし、起業となると、自分で仕事を生み出す必要があります。事業が軌道に乗るまでに年単位の時間がかかることも決して珍しいことではなく、最悪の場合倒産のリスクもあります。

管理人
管理人
起業してこんな会社を作りたい」と言う明確な目的がある場合に限り、挑戦してみる価値があると言えるでしょう。

フリーランスとして活動

あくまで個人レベルで仕事をしたい、という人にはフリーランスとして活動するのがオススメです。

2019年に内閣府が出した調査結果によると、およそ228万人の人が専業フリーランスとして活動しています。さらに副業で活動している人も合わせると、なんと国内には341万人ものフリーランスが存在しているのです。

(参考:要旨 日本のフリーランスについて

管理人
管理人
ここ数年でフリーランス向けに仕事を斡旋する企業が台頭してきたこともあり、年々フリーランスが働きやすい環境が整備されています。

一口にフリーランスと言っても、仕事の内容は様々です。実際にはどのような職業があるのでしょうか。

エンジニア

フリーランスと聞いて思い浮かぶものはいくつかありますが、その中でもエンジニアはメジャーなものの一つです。

成果物を実際に見てもらいやすいので営業活動がしやすく、GitHubに自分のコードを公開しておけば相手方から声をかけてもらえるケースもあります。

管理人
管理人
私の知り合いでも、実際にフリーランスとして活動し始めたら収入が一気に増えたと言うエンジニアの人もいます。

これから先、国内のエンジニア需要が増えていくと言われているため、スキルのある人には最もフリーランスとして活動しやすい職業と言えるでしょう。

ライター

エンジニアと同様にメジャーなのがライターです。

普段目にすると言う意味では、エンジニアよりもさらにポピュラーかもしれませんね。

執筆に必要なものさえあれば誰でも始められることから、参入障壁の低さは他職業と比べても随一です。

その分需要も供給も多く、エンジニアと比べてやや単価が上がりにくい傾向にあります。

管理人
管理人
ライターのみで生活をしていくには、自身で案件を獲得していく努力が必要となります。

経理

意外に思う人もいるかも知れませんが、実は経理もフリーランスとして活動が可能です。

もちろん大企業では自社で経理担当を雇いますが、ベンチャー企業やフリーランスが増えたために経理業務を外注するケースが増えたのです。

簿記の資格があれば、どの程度のスキルがあるかの指標にもなり、相手方の信頼も得やすいため、現在企業で経理業務を担当している人も現実的な選択肢となります。

管理人
管理人
エンジニアやライター同様、個人でできる仕事はどんどん増えていきます。

今回紹介した以外にも、フリーランスとして活動できる職業はいくつもあり、将来の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

残念ながら、社会人に向いてない性格の人は一定数います。

管理人
管理人
しかし、あくまでも向き不向きの問題であって、能力的な優劣は関係ないのです。

意識を変えてみるか、あるいは環境を変えてみるかで、それまで感じていたしんどさが楽になることは珍しくありません。

どうしても今の状況がよくならない場合には、試しに転職して別の環境に行ってみるのもいいでしょう。今の時代では、思い切って退職してフリーランスとして活動する選択肢もあります。

自分の適性と相談して、この先の働き方を考えてみましょう。

もし、本当に仕事が嫌ですぐに辞めたいとなった時には、退職代行の利用を検討してみてください。退職代行を通して会社に連絡すれば、明日からは出社する必要はありません

LINEも電話も24時間対応はJ-NEXTだけ!是非気軽にご相談ください。

退職代行とは?今すぐLINE無料相談

退職に必要な全ての手続きを代わりに行ってくれるので、もう職場に顔を出したくない人でもスムーズに仕事を辞めることができます。

退職代行ならJ-NEXT

J-NEXTが選ばれる理由
費用
20,000円追加費用無し
対応時間
24時間365日
退職事例
全事例を紹介中
特長

引っ越し紹介割引サービス

無料の転職サポート付き