ブラック企業・職場

まともな人から辞めていくのは何故?3つの理由と辞める会社の4つの特徴

まともな人から辞めていく アイキャッチ

まともな人は他の人と比べて早く会社を辞めていきます。

私が以前勤めていた会社も、転職サイトで「まともな人や優秀な人から辞めていく」と書かれていました。

なぜまともな人は他の人よりも先に仕事を辞めてしまうのでしょうか。

今回の記事では、まともな人から辞めていく理由と、まともな人から辞めていく会社の特徴について解説していきます。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

まともな人から辞めていく理由

退職届

まともな人ほど早く辞めてしまう理由は次の通りです。

  • キャリアアップを考えているから
  • 企業分析ができているから
  • リスクの計算ができるから

どれも観点は違いますが、「自分の将来を考えている」という点で共通しています。

それぞれについて細かく解説します。

キャリアアップを考えているから

優秀な人は自分のキャリアについて真剣に考えています。

最近では働き方が多様化したこともあり、特に若い世代では転職を前提としてキャリア形成を考えるのは一般的なことになりました。

そのため、勤めている会社でスキルの伸びや待遇などで限界を感じたら、長く留まらずに次の職場にさっさと転職していきます。

次の引用でも分かるように、転職をすると平均的に年収が増える傾向にあります。

 

この伸び率を見ても、社内に留まるよりも転職した方がキャリアアップに繋がるのは明らかですね。

企業分析ができているから

自他の企業について冷静に分析ができていると、転職を検討するようになります。

というのも、自分の会社が業界でどのような立ち位置にいるのかを把握できていると、仕事にもいい影響があります。

例えば、営業では自社と他社の差別化を行いやすいでしょう。

結果として、仕事でも成果をあげやすくなり、転職の材料となる実績が増えていきます。

さらに、どの企業にいけば自分のやりたいことが出来るのかが見えてきます。

そのような状態で探す方が、なんとなくで探すよりも転職先を見つけやすいですよね。

管理人
管理人
成果が上がり、かつ転職したい企業も見つかるので、企業分析が出来る人はトントン拍子で転職が決まるのです。

リスクの計算ができるから

転職は当然一定のリスクがあります。

新しい会社に入ってみたら事業内容が想像と違ったり、職場の人と合わなかったり、転職しなければ起こり得ないトラブルでしょう。

しかし、一方でそれに見合うだけのメリットがあります。

先ほど挙げたように年収が上がったり、今の職場では得られない体験ができたり、転職してこそ広がる世界があります

過去に、会社で直属の上司などに「転職を考えないんですか?」と聞いたことがあります。

どの人からも返ってくる答えは同じで「転職先が今よりひどいかもしれないから」でした。

確かに気持ちは分かるのですが、具体的にどうしてそう思ったのか尋ねたら「なんとなく」とのこと。

転職に消極的な人はリスクとメリットをあまり具体的に考えません。

管理人
管理人
一方で、まともな人は、この時の転職のリスクと転職で得られるリターンを綿密に計算します。

しっかりと考えて腹落ちさせているからこそ、まともな人は未知の世界にも飛び込んでいけるのです。

まともな人から辞めていく会社の特徴

まともな人から辞めていく会社には似たような特徴があります。

次の特徴が自分の勤めている会社でも当てはまるようだったら、転職も視野に入れておいても損はありません。

年功序列が強い

まともな人から辞めていく職場の特徴に、まず、「年功序列が強く残っているから」ということがあります。

次のデータを見てみると、「給与・報酬が少なかったから」「能力・実績が正当に評価されなかったから」の数字が高くなっているのが分かります。

どちらも年功序列が強いと、起こりうることですよね。

 

 

管理人
管理人
上の世代がたくさんいて、出世が順番待ちになっていたら、どれだけ成果を出しても意味がありません。

キャリアアップを考えたら、年功序列の企業で働く理由はないと言っていいでしょう。

正当に評価されない

まともな人が転職を考える理由の一つに正当に評価されないことが挙げられます。

正当に評価されない理由はいくつかあります。

「年功序列が強い」のも、その一つですね。

他にも「評価制度が整っていない」などが考えられます。

どんな理由でも、キャリアアップの面でもモチベーションの面でも、正当に評価されない職場で働き続けたくはありませんよね。

管理人
管理人
このような職場からは、特に主力が真っ先に抜けていきます。

年齢層の二極化が進んでいる

先ほどの理由から、まともな人から辞めていく会社では、主力となる20代後半から30代の中堅社員がいない傾向にあります。

管理人
管理人
私が新卒で入社した時も、直接の上司に当たる人は一回り以上年上でした。

しかも、部署のちょうど半数が役職持ちという、とても不思議な構成だったのを今でも覚えています。

このように、昔からいるベテラン社員と新卒で入った若手社員だけで構成されるため、年齢層は二極化が進みます

加えて、若手社員ほど前向きに転職を考える一方、ベテラン社員が転職を検討することは稀です。

若手がどんどん入れ替わってもベテラン社員は居残りそのまま年を取るので、年々会社の平均年齢が上がっていくのも特徴と言えるでしょう。

退職する人数よりも新たに入社する人数の方が少ない

上記の「年齢層の二極化」にも関連しますが、まともな人から辞める会社は新たに入社する人が少ないことがあります。

私が以前勤めていた会社も、入社する人数よりも転職して出ていく人の方が多いような会社でした。

数少ない外部からの転職者に話を聞いてみると、以前勤めていた会社がとんでもない激務でまだマシだったか、スキルが流用できさえすればどこでもよかった、という回答ばかりです。

管理人
管理人
まともな人が「この会社にはこれ以上いる意味がない」と考える会社は、外側から見ても「入社する意味がない」と写ります。

人が出ていくばかりで入ってくる人がいないということは、その会社は客観的にみて魅力的ではないということです。

かなり分かりやすい危険信号と言えますね。

これらの特徴が当てはまっていたら、まともな人から辞めていく会社です。

次の章で書いているように、メリット・デメリットはありますが、念のため転職を検討しておくのがオススメです。

まともな人から辞めていく職場にいるメリット

まともな人から辞める職場ですが、実は所属することでメリットがあります。

ただし、このメリットは純粋なプラス要因ではなく、危ない状況を逆手に取った物です。

具体的に解説していきますね。

一気に実力がつく可能性がある

主力がいないことは、裏を返せば大きな仕事が回ってくる可能性があるということです。

そのため、若手であっても大きな仕事に携われるかもしれません。

職場自体が主力のいない状態で回さなければならないため、嫌でもやることが増えます。

様々なことをやらなければならなくなるため、とにかく物量をこなすことができ経験値を稼ぐことができます

代表的な企業がリクルートです。

リクルート事件を発端として一度は多くの社員が抜けましたが、そこで残った人たちが盛り返し、今では日本で有数の企業です。

崖っぷちでこそ得られる経験値があるのは間違いありません

リクルート事件とは?

昭和の終わりから平成の始まりにかけて行われた、戦後最大の贈収賄事件と言われる。当時のリクルート社長江副浩正氏から政治家や官僚・マスコミ関係者に未公開株の譲渡が行われた。
江副浩正氏は辞任し、政界の不信を招いたとして当時の竹下登内閣が総辞職することとなった。
参考:ビズキャリOnline リクルート事件を簡単にわかりやすく解説!江副浩正と竹下内閣の関係とは?

立ち振る舞い次第で出世できる

主力がいないとは、つまり競争相手がいません。

もちろん年功序列のため、すぐに出世するのは難しいでしょう。

しかし、上司に気に入られることさえできれば、多少ミスしたところで出世の順番待ち行列から追い出されることはありません

仕事をバリバリこなすよりもそこそこ働いて趣味に時間を使いたいという人は、こちらの方が向いているかもしれませんね。

まともな人から辞めていく職場にいるデメリット

先ほどのメリットとセットで、まともな人から辞める会社にはデメリットもあります。

キャリアアップを考えたらメリットよりもデメリットの方が目立ちます

デメリットとは具体的にはどのようなものでしょうか。

とにかく仕事が辛い

大きな仕事に限らず、些細な雑用が回ってくる可能性も高いです。

というのも、まともで仕事ができる人がいないため社内の処理が追いつかず、役割も関係なく様々な仕事を振られてしまうからです。

むしろ、そのような雑用の方が相当多くこなさなければならないでしょう。

「これは自分の仕事じゃない」

そう思うタスクさえ自分で処理しなければならないことは日常茶飯事です。

管理人
管理人
やる意味があるのかよくわからない仕事ばかりやっても、自分の為になることはありません。

楽しめない仕事は疲労も大きく、成長するより先に潰れてしまう危険の方が高いと言えます。

他の会社で応用が利きにくい

バリバリ仕事をこなして経験を身に付けられればいいですが、そう簡単にはいきません。

まともな人から辞める会社は、社内の調整が業務の大半を占めます。

なぜなら、年功序列が強いと能力に関係なく出世してしまう人がいるから。

そういった人が業務に携わると、トラブルの元となりリカバリーが必要となります。

加えて、そのような人もメンツはあるので無下に扱うこともできません。

個人のスキルとは関係のないところで仕事が進むのです。

Aさんはせっかちだから、Bさんはプライドが高いから。

そういった個人の特徴に合わせて、動く必要があります。

管理人
管理人
調整を進めるスキル自体はどこでも使えるものの、その肝は個々人の性格をどれだけ理解しているかです。

会社が変わり人が変われば、その知識も全てリセットされてしまいます。

また一から始めるとなると、相当骨が折れることでしょう。

頼れる人がいない

頻繁に人がいなくなってしまうため、頼りになる人が周りにはほとんど残っていません。

全て自分の頭で考えられればいいですが、なかなか難しいですよね。

管理人
管理人
なんとかやっていけても、時には誰かにアドバイスをもらいたいもの。

そんな時に頼りになる人がいないと、本当に孤独です。

下手したら鬱になってしまうかもしれません。

このように、まともな人から辞める会社に勤めるのはメリット・デメリット両方あります。

比べてみるとデメリットの方が大きいので、このような職場に長くい続けるのは避けるのが無難ですね。

まとめ:まともな人から辞めていく職場は早く辞めるべき

まともな人から辞めていく会社は総じて所属するメリットがないことがほとんどです。

これ以上いても無意味だと思ったら、さっさと見切りをつけて転職しましょう

変に話がこじれそうなら、退職代行を利用すればスムーズに辞めることができます。

こちらの記事では、主な退職代行サービスについて比較をしています。

http://j-next.biz/media/taisyokuservice-rank/

キャリアアップを目指して、退職代行を活用してスピーディに転職するのもいいですね。

年収アップと天秤にかければ、微々たる投資と言えます。

貴重な人生を無駄にせず、勇気をもって決断しましょう。

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ