ブラック企業・職場

仕事が原因で生きるのが辛い人へ。原因と対処法について解説

生きるのが 辛い アイキャッチ

「もう働きたくない……」

「仕事が辛い……」

私が会社員として働いていた頃は、そう思ってしまうことが何度もありました。

本当にひどい時には、生きること自体辛く感じてしまうほどでした。

原因はいくつもありましたが、思い切って仕事を辞めて、今ではすっかり元気に回復しています。

今回の記事では、なぜ仕事が原因で生きるのが辛いと感じてしまうのか、原因と対処法について解説していきます。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

「生きるのが辛い」のは仕事が原因?なぜ辛いと感じるのか

 

「生きるのが辛い」と思ってしまうと、ふとした時に現実逃避のために「死にたい」と考えてしまうかもしれません。

自殺の原因は人それぞれです。

が、警察庁の統計でも分かるように、決して少なくない人が仕事を理由に自ら命を絶ってしまっています。

 

仮にギリギリのところで耐えられていても、精神的に追い込まれている中で働き続けるのは本当に辛いものですよね。

管理人
管理人
会社員だった頃のある朝、自分でも無意識に「帰りたい」と呟いていたことも……。

まだ自宅の外にさえ出ていないにも関わらずです。

あの状況が続いていたらと思うと、今でもゾッとしますね。

当時を振り返りながら、なぜそこまで自分が追い込まれてしまっていたのか、原因を解説していきます。

働きすぎている

当時、連日連夜ずっと働いていた時期がありました。

いくら働いても仕事が減らず、終電帰りが当たり前

フロアで最後どころか、巡回で回ってきた警備員の方に「(会社で)他の方は全員帰りましたよ」と声をかけられたこともあります。

終電で帰ると家に着くのは25時すぎです。

風呂も入らずに寝て、数時間したらまたシャワーを浴びて慌ただしく家を出る毎日。

管理人
管理人
疲れも取れず、ぼんやりとした頭で仕事をこなしていました。

そんな状態で働いているため、なんでもないようなミスを連発。

次の「いつも怒られている」に繋がってしまっていました。

いつも怒られている

仕事でミスをして怒られた経験は誰でもあることでしょう。

たまに怒られる程度であれば多少へこんでもまた立ち直れますよね。

しかし、それが毎日ともなると、精神的にかなり辛いのではないでしょうか。

怒られているということは、何かしらミスをしているということです。

結果、そのミスをリカバリーするためにまた別の仕事が発生するという悪循環に陥ってしまいかねません。

元々予定になかった仕事が増えると、本来やりたかった業務はストップしてしまい結局残業するしかなくなってしまいますよね。

管理人
管理人
私もリカバリーのための仕事に追われ、どんどん疲弊してしまっていました。

自尊心が保てていない

心身共に疲れている上にいつも怒られていると、「自分はなんてダメな人間なんだ」と自分を責めてしまうようになります。

もっと仕事が上手く出来るようになりたいのに、失敗ばかり続いてしまうと自尊心を保つのも難しいでしょう。

24時間仕事のことを考えるようになると、なかなかそこから脱却するのも一苦労です。

自分の欠点ばかりに気を取られ、褒められる機会も減ってしまっていました。

人間関係に消耗している

職場がギスギスしていたりいじめられていたりすると、会社に行くのは本当に嫌ですよね。

私は職場でいじめられたことはなかったものの、正直それほど良い環境ではなかったように思えます。

会社の飲み会は自由参加という建前の強制参加。

飲み会中は皆上司の太鼓持ちをしていても、解散した途端に愚痴の嵐。

表と裏で言うことが正反対の人たちばかりで、なかなか周りの人を信頼することができませんでした。

管理人
管理人
信頼できる相手がいないと、仕事の悩みを相談もできません。

悩みだけが積み重なる毎日でした。

同じように、人間関係に悩んでいる方は、こちらの記事が参考になります。

仕事の人間関係に悩んだときは・・・退職を考える前にしてほしいこと仕事の人間関係に満足している、という人はいったいどれくらいいるでしょうか。 大体の人は先輩や上司、同僚に後輩など、嫌いな人・そりが...

鬱病になってしまっている

これまで書いたようなことが積み重なると、ついには体がいうことを聞かなくなってきていました。

まるで重石を課せられたように一歩一歩が重く、女性にさえ追い越されながら出社していたように記憶しています。

医者に行くことさえ億劫でしたが、もしも診断してもらっていたなら、間違いなく鬱病と言われていたでしょう。

正直に言うと、この頃は四六時中「生きているのが辛い」と考えてしまっていました。

こちらの記事では、鬱病にならないための対処法についてまとめられています。

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?「仕事辞めたい・・・」 そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。 厚生労働省が3...

仕事が原因で生きるのが辛い時の対処法

上記のように、仕事が原因で「生きるのが辛い」と考えていた時期が実際にありました。

あまり思い出しくないことですが、これは誰にでも起こり得ることです。

そんな時どんな風に対処すれば良いのか、これから解説していきます。

将来のことを考える

生きるのが辛いときは、5年後10年後とずっと先の将来のことを考えてみましょう。

先のことを考えれば、今どうすべきなのかを逆算できるようになります

仮に今が辛いのだとしても、将来のために必要なのであれば、乗り越えようと努力する気になれます。

逆に、将来のためにならないと思えば、仕事を辞めたり転職したりする踏ん切りがつくはずです。

管理人
管理人
当時の私も目先の仕事に追われ、先のことをまったく考えられずにいました。

が、一度立ち止まって将来のことを見据えてみたら、今は踏ん張りどきだと耐えることができたのです。

それから別にやりたいことができ、当日勤めていた会社からは退職することになったものの、辞める決断も自分の描く将来からの逆算した結果でした。

休む

どんな状況でも、休むのはとても有効です。

温泉に入る、カラオケに行く、美味しい物を食べる、自宅でのんびりする。

なんでも構いません。

やりたいことを満喫すれば、仕事を頑張る意欲も湧いてきます

場合によっては有給を使うことも考えて、しっかり英気を養いましょう。

有給の取り方に悩んでいる方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

【仕事を休みたいときに】上司から怪しまれない理由や言い訳を紹介!「今日はどうしても仕事を休みたい・・・」朝起きたらこんな気持ちになっていたということも、会社勤めの人なら珍しくありません。 仕事を...

相談する

自分だけで解決できなさそうであれば、他の人に相談してみましょう。

大きく分けて、相談先は次の4つです。

  1. 職場の人
  2. 身の回りの人
  3. カウンセラー・心療内科の医者
  4. 転職・退職代行エージェント

それぞれ良い点・悪い点があるので解説していきます。

①職場の人

仕事が辛いのであれば、①の「職場の人」に相談するのは抵抗があるかもしれませんね。

ただ、悩んでいるのが仕事の進め方についてであれば、一番的確に答えてくれる可能性が高いです。

それほど避けたい気持ちがないのであれば、職場の人に相談してみましょう。

具体的な解決策が分かれば、グッと楽になるかもしれません。

②身の回りの人

「身の回りの人」、例えば家族や友人は、基本的にあなたの味方として話を聞いてくれます。

すぐにガス抜きしたいのであれば、最も気軽に会える相手でしょう。

注意点としては、具体的な解決策まで出るとは限らないことです。

一時的に気が楽になっても、状況は好転していない可能性が高いので気をつけましょう。

③カウンセラー・心療内科の医者

「カウンセラー・心療内科の医者」はこういった時の専門家です。

相手も仕事として相談を受けるため、かなり具体的な回答をしてくれます

お金はかかってしまいますが、切羽詰まった状況だと感じているのなら、こちらに相談してみましょう。

場合によっては心療内科で薬を処方してくれるので、包み隠さずありのままを相談してみてください。

④転職・退職代行エージェント

「転職・退職代行エージェント」は今の職場を辞めたいと思った時に相談してみましょう。

それぞれの簡単な違いは次の通りです。

・転職エージェント
職業紹介サービスの一種。
転職希望者に対して仕事の紹介をしています。
一般的に無料で利用できることが多く、書類選考や面接でアドバイスを行ってくれます。

・退職代行
依頼主に代わって会社と退職の手続きを行うサービス。
基本的に有料ですが、相談だけなら無料で行ってくれるものもあります。

「日々の仕事がつまらない」と感じているのなら、いっそ転職してしまった方が面白いと思える職に就ける可能性があります。

逆に、退職代行は今すぐにでも辞めたいと思った時に、とても心強い相談相手です。

「そもそも退職代行って何?」と気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

退職代行
すぐに辞められる!?退職代行ってどんなサービスなの?失敗はしない?近年、話題によくあがる退職代行サービス。 ネット上にとどまらずテレビや新聞などでも特集が組まれるほどになっています。 でも、...

「実際に相談するならどこがいいの?」と考えた方は、次の記事で退職代行サービスを徹底比較しています。

http://j-next.biz/media/taisyokuservice-rank/

仕事を辞める

「会社を辞められない」と考える人の多くは、辞めることで次に就職できないリスクを考えがちです。

もちろん、仕事を辞めたら給与は途絶えてしまいます。

それでも、失業保険のように仕事をしていなくとも収入は確保できます

一番良くないのは、「仕事を続けるのは社会人なら当たり前」と自分を追い込んでしまうことです。

続けるのが当たり前と考えてしまうと、それができなくなってしまった時に必要以上に自分を責めてしまいます。

近年、働き方の多様化によって、転職経験者やフリーランスとして活動する人が増えています

次の図は、2008年からの転職者数の推移を表しています。

2010年までは経済の悪化を背景に転職者数は減少傾向でしたが、2011年以降は増加傾向にあります。

 

さらに、フリーランス人口は次の図のように、2015年から2018年の3年間でおよそ200万に増えています。

 

労働人口における17%ですから、およそ6人に1人がフリーランスという計算になります。

こうして数字で見ると、転職やフリーランスとして働くことはまったく珍しいことではないですよね。

「こう生きなければならない」と言うのは、先入観によるものです。

管理人
管理人
時には別の生き方を模索してみるのも、自分の将来のためになるかもしれません。

先に書いたように、辞めたい時には退職代行といったサービスを活用できます。

決して限界まで無理はせず、頼れる時に頼るべきところに相談してみてください。

いつ辞めるのが良いのか、仕事の辞め時が気になる人は次の記事がオススメです。

仕事の辞め時 アイキャッチ
仕事の辞め時を徹底解説!社畜のまま人生を終わらせたくない人たちへ仕事の辞め時って、わかりづらいですよね。ですが、辞めるべき時はハッキリとしたサインが出ているのです。本記事では、「仕事の辞め時」や「辞め時を探す前に知っておくといいこと」と、「実際の辞め方」まで含め、詳しく解説していきます。いざというときには退職代行を利用することで、簡単に辞められるので、ぜひ利用していきましょう。...

まとめ

仕事だけが人生の全てではありません。

一番大事なのは自分の命です。もしも仕事が辛くて「死んでしまいたい」と思うほどなのであれば、いっそ仕事を辞めてしまいしょう。

自分で職場に切り出せなくとも、退職代行を使えば代わりに全て手続きを終えてくれます。

特にJ-NEXTでは、業界最安の価格で退職代行を請け負ってくれます

http://j-next.biz/media/j-next/

最悪の事態に陥る前に、辞めることを検討してみましょう。

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ