基礎知識

営業が向いてないと悩んでいる貴方へ。悩む理由と営業のコツを徹底解説

営業 向いてない アイキャッチ

ノルマが辛かったりなかなか受注がもらえなかったり、成果が出ないと「自分は営業に向いてない……」と悩んでしまいますよね。

営業は簡単な仕事ではありません。

今回の記事では、営業に向いてない人の特徴や営業のコツなどについて解説しています。

このまま営業を続けるか、それとも思い切って転職するのか参考にしてみてください。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

営業が向いてない人の特徴

営業はどんな業種、どんな会社でも必ず存在します。

たくさんの人が営業として働く一方で、挫折してしまう人も少なくありません。

まずは、どんな人が向いてないのか特徴を紹介します。

人と関わるのが苦手

営業は社内の人とも社外の顧客とも必ず関わります。

人と関わるのがそもそも苦手という人は、営業はあまり向いていません。

ただし、コミュニケーション能力を高めたいのであれば、営業以上に良い仕事はありません

管理人
管理人
自分の弱点を克服するのか、それとも他の強みを伸ばすのかはそれぞれです。

自分のやりたい方に全力投球しましょう。

あまり動きたくない

「外回りとかめんどくさい」

「なるべく動きたくない」

そう思う人はあまり営業には向いていません。

電話やメールに特化した内勤営業として働くのなら別ですが、営業の多くは外回りが基本です。

管理人
管理人
むしろ外回りこそ営業の醍醐味と言えるでしょう。

直行直帰といった自由な出勤や美味しいお店の開拓など、楽しみは沢山あります。

自分で物を考えられない

営業は他と比べて自分の裁量が大きい仕事です。

そのため、指示を待ってばかりの人ではあまり楽しく感じられないでしょう。

こうしたら上手くいくんじゃないか、何をすれば相手に刺さるか。

そのような試行錯誤の過程を楽しむには、自分で積極的に戦略を考える必要があります

営業に向いてない人の特徴は以上です。

続いて、営業が向いてないと思ってしまう理由についてです。

営業が向いてないと思ってしまう理由

この章では、営業が向いてないと思ってしまう、よくある理由をあげています。

ただし、それらの理由があてはまるからといって、必ずしも営業に向いてないわけではありません。

具体的にはどんなものか解説していきます。

口下手だから

自分が口下手だと思っていると、お客さまと喋るのも大変ですよね。

特に、すごい勢いで喋る人を見ると、「自分もあれくらい喋れたら良いのに」と羨ましく思うこともあるでしょう。

管理人
管理人
私も入社当初はよく喋る同期に圧倒されていました。

ですが、同期たちとの飲み会でふと気づいたのです。

(この人と話しても全然面白くないな……)

確かによく喋るし一見会話は途切れていません。

ところが、その人は他の人が喋っていても被せて発言し、すぐに「自分は〜」と話題を奪ってしまうのです。

聞いてもいないことをベラベラと喋られても、大して興味がなかったら全然面白くないですよね。

口がよく回っても、聞き手のことを考えられていなければマイナスの印象を与えてしまいます。

その飲み会で話が盛り上がっていたのは、むしろ自分からはそれほど話さない人の周りでした。

その人は自分から喋らない代わりに、相槌や質問がとても上手かったのを覚えています。

自分が口下手だと自覚していたら、相手の話を聞こうとしますよね。

営業では話す力以上に、実はこの聞く力が重要です。

管理人
管理人
口下手であることは、決してマイナスに捉える必要はありません。

むしろ強みになりうるのです。

ネガティブだから

失敗してしまうかも

怒られてしまうかも

そんな風に、いつもネガティブなことばかり考えてしまうようだと、自分は営業には向いていないんじゃないかと思ってしまいますよね。

確かに、過度にネガティブで相手にもそれが伝わるのは良くないです。

しかし、ネガティブは言い換えれば慎重であるとも言えます。

常に最悪の事態を想定できれば、それに対策を打てますよね。

管理人
管理人
いつトラブルが起きるか分からない営業活動では、最悪の事態を想定できるのはむしろ強みと言えるでしょう。

成果が出なくて辛いから

営業は常に数字との戦いです。

取り扱う商材によってスパンは異なるでしょうが、どこでもノルマに追われることは変わりません

追い込まれると嫌になってしまう気持ちはとても分かります。

そんな時に考えていたのは、いくら結果が出なくても死ぬことはないということです。

もちろん上司から怒られることはあるでしょう。

それでも、最悪怒鳴られるだけで殺されるようなことはありません。

最悪辞めてしまっても良いのです。

管理人
管理人
例え今は結果が出なくても、続けていればどこかで結果は出ます。

長期的な目線で考えていきましょう。

営業の意味がわからないから

自分のやっている仕事の意味が分からなくなることがあると思います。

営業はどんな物でも売る必要があります。

自分が好きだと思えないような物を売るのは、顧客を騙しているようで精神的にもかなり辛いです。

まずは、自分の売っているものへの理解を深めてみましょう

これを売ることで、相手はどんな得をするのか。

徹底的に調べてみてください。

管理人
管理人
それで良いものだと思えれば、自然と営業活動にも意味が見出せるようになります。

どうしても好きになれなければ、いっそ転職も考えてしまいましょう。

お客に怒られるのが嫌だから

お客に怒られるのは本当に嫌ですよね。

ですが、考えようによっては、怒られている時はチャンスです。

なぜなら怒っているということは、まだ取引しようとする気持ちが残っているからです。

管理人
管理人
取引をやめたいのであれば、そもそも顔を合わせることさえしません。

誠心誠意謝罪し、トラブルを見事に解決できれば、逆に評価は上がります

捉え方次第で気持ちは変わるので、せっかくならプラスに考えてしまいましょう。

今回紹介したように、営業が苦手に感じてしまう理由は人それぞれです。

が、実は意外と強みになったり成長の機会になったりすることは多いです。

向いてないと決めつけず、なぜ向いてないと思うのか深掘りすれば考え方も変わるかもしれません。

営業で上手くいくコツ

ここからは、営業で上手くいくコツを解説していきます。

私が元々法人営業だった経験からまとめた物ですが、要素は対個人の営業でも応用できる物です。

営業がなかなか上手くいかず悩んでいる人は、参考にしてみてください。

リサーチを入念に行う

お客様の元へ訪問する時には、必ず事前に下調べをしていきましょう。

可能な限り次の物は目を通すべきです。

  • 訪問する企業のWebサイト
  • 訪問企業に関する直近のニュース
  • 決算資料

Webサイトで企業の概要を確認し、事業の規模や従業員数といった基本的なことを抑えておきます。

これは足切ラインとも言えるでしょう。

営業に来ておいて自分の会社のことを何も知らなかったら、担当者の人も「この営業はやる気が無いな」と考えてしまいます。

逆に、スラスラと必要な時に数字を言えたら感心してもらうこともできるでしょう。

直近でニュースが出ていれば、「最近こういう発表をしていましたよね」と会話の導入に使えますよね。

管理人
管理人
話が盛り上がれば、そこから今後のビジネスの展望について聞けるかもしれません。

上場企業であれば、決算資料を読むのも良いでしょう。

利益など詳しい数字で見られる上、場合によっては経営課題についてもはっきりと書かれていることがあります。

ビジネスの展望や経営課題は、これからその会社がお金を使うポイントです。

抑えておけば、必ず案件の獲得に繋がります。

話すよりも聴くことを意識する

実のところ、相手は営業する貴方の話なんて興味は無いことがほとんどです。

新規の営業であれば尚更でしょう。

自分の会社以外では買うことのできない商品やサービスがあるのならともかく、大抵の会社では似たような商品があり、似たような営業文句を並べています。

管理人
管理人
聞き慣れた謳い文句は耳を素通りします。

そこで意識するのは、自分の話をするよりも相手の話を引き出すことです。

どんな課題を抱えているのか聞き出せれば、それにマッチしたサービスを提案できるようになるでしょう。

かと言って質問責めをしてはいけません。

なるべく自然に会話の流れで相手に話してもらえるような空気づくりを意識してみましょう。

嘘はつかない

絶対に嘘をついてはいけません。

特に失敗をごまかすような嘘は控えましょう。

顧客もサービスや商品の内容を比較しますが、最終的に決め手となるのは営業の人柄です。

「◯◯さんだから買うことにしたよ」

このように言ってもらうことこそ営業の存在価値と言えます。

そのためには信頼を得ることが絶対条件です。

管理人
管理人
担当者の人はいつも「この営業は信頼して良いか」を考えています。

信頼を得るために、些細なことでもごまかさず誠心誠意対応するようにしましょう。

決裁者の存在を意識する

どんな会社でも、その年に決められた予算があり、勝手に物を購入することはできません。

必ず金額の規模に見合った決裁者の承認が必要となります。

部長クラスなのか、役員なのか、さらに上か。誰を抑えておけば発注してもらえるのか把握しておきましょう。

管理人
管理人
どれだけ対面の人に丁寧に説明しても、その人に決定権がなければなかなか進展はしません。

担当者との関係を構築しつつ、折を見て決裁ルートについても聞いておきましょう。

今回紹介した4つのコツは、営業を上手くやるためにかなり有効です。

ぜひ活用してみてください。

営業を続けるメリット

大変なことも多い営業職ですが、一方で続けるメリットもあります。

続いて、営業で身に付くスキルなどを解説していきます。

コミュニケーション能力を得られる

営業を続けていれば否が応でも身についていきます。

特に営業におけるコミュニケーション能力は、単に交流するだけではなく、相手の要望を汲み取る力です。

相手の求めることに答える力は、ビジネスでは欠かすことができません。

調整スキルが身につく

トラブル解決のスキルは営業と切り離すことはできません。

顧客の要望でなんとかしなければいけない事態が度々発生します。

無茶な納期と頑固な社内、板挟みになった時の対応力は他の仕事では絶対に身につきません。

トラブルでも「もうダメだ」と諦めず、最後までやり通すことができれば一気に成長できます。

ビジネスの勘を修得できる

営業は最も顧客と接する機会の多いポジションです。

それだけ他の会社のビジネスに触れる機会が多くなり、その業界の知識がどんどん深まっていきます。

一流の営業と言われる人は、顧客のビジネスについて相手以上に理解しています。

「このサービスを導入すれば、◯◯円の利益をあげられるようになります」

そういった具体的なメリットを提示できるのがデキる営業マンです。

管理人
管理人
ただ商品を売るのではなく、ビジネスを理解した上で営業活動ができるようになれば、どこでも通じる強力なスキルとなります。

どの業界でも対応できる応用力が身につく

営業はどの業界でもいますが、やること自体はそれほど大きく変わるわけではありません

顧客と仕入元(または社内)との調整を行うのが営業の役割です。

管理人
管理人
それぞれの業界で専門的な知識が求められても、知識さえ学んでしまえば、営業の力はどこでも活用できます。

その意味で、営業はとても転職のしやすい職業と言えます。

どこでも通じる力がある一方で、当然転職の時に気をつけるべき点があります。

次の章では、転職時に気をつけるべきポイントを解説します。

営業から他の職種へ転職する時に気をつけること

営業を続けるメリットで書いたように、営業の力は他でも応用が利きやすい物が多いです。

が、漠然と「転職したい」というだけでは簡単には採用されません。

次に、転職する時に気をつけるべきことについて解説していきます。

なぜ他の職種に転職したいのか理由を明確にする

転職する理由は明確にしておきましょう。

面接時に説明するためだけでなく、自分が転職の選択をして後悔しないためです。

管理人
管理人
理由を明確にすれば、今後の行動の軸が決まります。

どんなことがしたいから、あるいは今の何が嫌だったから。

それらが定まれば、これからどうすれば良いのか自然と決まっていくでしょう。

自分の強みをまとめてみる

営業として働いている時に培った物をまとめておきましょう。

わかりやすいもので言えばコミュニケーション能力です。

具体的な実績(ノルマ達成率や受注件数)などがあればなお良いですね。

ただ、箇条書きではなく、それにまつわるストーリーまで明確にしておくべきです。

仕事でトラブルが起きた時、自分はその強みでどのように解決に導いたか。

そう言った具体的な話ができた方が、話の信憑性が増し、相手にも共感してもらいやすくなります。

転職先で何ができるか調べる

転職前の想像と転職後のギャップを極力減らすために、転職先のことは入念に調べましょう

なんとなくで入って、結局やりたいことと違ったのでは転職する意味がありません。

転職する理由がはっきりとしていれば、転職先について確認すべきこともわかる筈です。

こちらも入念に行いましょう。

まとめ

営業は数字に追われたり、お客に怒られたり、他の仕事と比べても辛いと感じてしまうことが多い仕事です。

しかし、どんな仕事をするにしても、調整や交渉は必要になります。

営業職を経験しておくことで、別の仕事でも役に立つことが度々あります。

まずは目の前のことに頑張って取り組んでみましょう。

それでも無理だと思うなら、転職や辞めることを考えてみてください。

これ以上は無理だ!とすぐに辞めたいなら、退職代行を使うのもオススメです。

http://j-next.biz/media/taisyokuservice-rank/

続けるにせよ転職するにせよ、後悔のない選択をしましょう。

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ