ブラック企業・職場

【最悪】ブラック企業の確実な辞め方とホワイト企業に転職する方法

ブラック企業 辞め方 アイキャッチ

ブラック企業って本当に最悪ですよね。

  • 長時間労働
  • 日常的なパワハラ
  • 有給を取らせてくれない

このようなブラック企業で働いていると、肉体的にも精神的にも追い詰められていきます。

管理人
管理人
ただ、「もう会社を辞めたい!」と思っても、そう簡単に退職できないのがブラック企業の厄介なところ。

「辞めたいなんて言ったら何をされるか分からない…」と恐怖を感じ辞められない方も多いのではないでしょうか?

しかしブラック企業で働き続けることには、ひとつもいいことがありません。

世の中にはブラックではない会社もたくさんあるので、一刻も早く退職すべきです。

そこでこの記事では、以下のことを解説していきます。

  • ブラック企業をいますぐ辞めるべき理由
  • ブラック企業の辞め方
  • 2度とブラック企業に就職しないために注意すべきポイント

ブラック企業で我慢して働き続けることはありません。この記事を参考に退職への行動を起こしてみてください。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

ブラック企業は今すぐ辞めるべき!無理をすると体を壊す

死にたい

ブラック企業で我慢して働き続けてもいいことはありません。今すぐにでも辞めるべきです。

ブラック企業で無理をして働き続けると、精神的に追い詰められていきます。最悪の場合、うつ病になってしまうかもしれません。

うつ病になれば治療で仕事どころではなくなり、社会復帰に時間がかかってしまいます。そんなことになるくらいなら、会社を辞めた方がいいです。

また、ブラック企業で働き続けることは、社会全体にも悪影響を与えます。

ブラック企業が存在するのは、働いている社員がいるから。つまりブラック企業で働き続けるのは、ブラック企業に加担することにつながります。

「ブラック企業万歳!」と思っているなら別ですが、それなら「ブラック企業を辞めたい…」とは考えていませんよね。

管理人
管理人
ブラック企業をなくすという意味でも働き続けるべきではありません。

辞めるべき理由はまだまだあります。以下の記事も参考にしてみてください。

仕事 休みなし アイキャッチ
仕事でずっと休みなし?ブラックな職場なら今すぐ辞めよう休みがないまま働くのは本当に辛いですよね。まったく休みがない仕事、もしかしたらブラック企業かもしれません。自分の職場がブラック企業だと思ったら、すぐに辞めましょう。本記事では、休みのない仕事を辞めるべき理由と対応策について解説していきます...

ブラック企業の辞め方〜準備編〜

ブラック企業の場合、退職を申し出ても認められず辞めさせてもらえないことも。

簡単には辞められないため、退職前にしておくべき準備があります。

ブラック企業を辞めるために必要な準備は、以下の7つです。

  1. 退職について周りに相談せず隠しておく
  2. 有給休暇が何日残っているか確認する
  3. 会社や上司の連絡先は消さずに残しておく
  4. 退職後に必要なお金を工面する
  5. 引き継ぎ用の資料を作る
  6. 退職届を書く
  7. 有給休暇申請書を作成する

順番に見ていきましょう。

1.退職について周りに相談せず隠しておく

ブラック企業を辞める場合、上司や周りの人に相談しない方がいいです。一般的な会社の退職と同じように考えてはいけません。

なぜなら相談して退職を考えていることが知られてしまうと、上司が圧力をかけてくるから。

パワハラやいじめに該当する行為を行い、強引に退職を取り消させようとしてきます。そんなことをされれば、余計に精神的に消耗してしまって危険です。

管理人
管理人
とはいえ退職を考えていることについて、誰かに相談したいかと思います。

相談するなら家族や友人など、社外の信頼できる人だけにしましょう。

2.有給休暇が何日残っているか確認する

ブラック企業であれば、有給はほとんど使えず残っているのではないでしょうか。今自分が何日有給を使えるのかを確認しておきましょう。

有給が支給される条件は以下の2つ。

  1. 入社から6ヶ月以上働いている
  2. 労働日の8割以上出勤している

有給の日数は勤務期間によって変わります。勤務日数と支給される有給の日数を以下の表にまとめました。

勤務期間 有給日数
半年 10日
1年半 11日
2年半 12日
3年半 14日
4年半 16日
5年半 18日
6年半 20日

新入社員であっても半年働いていれば10日の有給が支給され、その後は1年ごとに増えていきます。

この後解説しますが、退職を申し出てから退職するまでの期間を有給で休むことも可能です。

退職を申し出る前に自分の有給日数を確認しておきましょう。

3.会社や上司の連絡先は消さずに残しておく

携帯電話に登録された上司や会社の連絡先は、消さずに残しておきましょう。消してしまうと、転職活動時に悪影響です。

連絡先を消してしまうと、上司や会社から電話がかかってきても誰からの着信か分かりません。

そのため、転職先から連絡がきたと思って電話に出たら上司からの着信だったということになりかねません。

管理人
管理人
連絡先を残しておけば、上司や会社からの着信があっても分かるので無視できます。

4.退職後に必要なお金を工面する

まだ転職先が決まっていないなら、退職後に心配すべきは生活費です。退職後も生活できるだけの最低限のお金を工面しておきましょう。

失業時にもらえるお金としては、ハローワークでもらえる失業保険が思い浮かぶかと思いますが、他にも以下のものがあります。

  • 技能研修手当
  • 就職促進給付
  • 教育訓練給付

それぞれの詳細を表にまとめました。

もらえるお金 詳細
技能研修手当 職業訓練を受ける場合に支給されるお金
就職促進給付 早期就職を後押しするためのお金
教育訓練給付 教育訓練費の一部を国が負担してくれるお金

これらのお金は、失業保険と同じくハローワークでもらえます。

受給資格や条件はそれぞれ異なるので、よく確認しておきましょう。

5.引き継ぎ用の資料を作る

ブラック企業に対してそこまでしなくてもいいのですが、後から揉めないためにも引き継ぎ用の資料を作っておきましょう。

引き継ぎ用の資料には、以下のことを残しておきます。

  • 業務内容
  • 仕事の流れ
  • 社内外の関係者
  • ノウハウやトラブルの実例

さらに詳しいことは、以下の記事を参考にしてみてください。

異動や退職、後任への仕事の引き継ぎをどうすればいいのか?退職や部署異動など、ずっと同じ職場で働き続ける人は少ないでしょう。 そのときに必要なのが、後任者への引き継ぎです。 しかし引...

6.退職届を書く

会社を辞めるには、退職届が必要です。退職を申し出る前に退職届を書いておきましょう。

退職届の他に「退職願」もありますが、これは別のものです。

退職届は会社を辞めたいという明確な意思を示すもの。提出したら会社は退職を撤回できません。

一方退職願は会社を辞めたいという希望を示すものです。

あくまで希望なので会社が承諾しないと退職できませんし、会社が退職を撤回することもできます。

管理人
管理人
ブラック企業を辞めるなら、退職願ではなく退職届を作成しましょう。

退職届の書き方は、以下の記事で解説しています。

退職届
退職届はどうやって書く?いつ出す?退職願や辞表との違いは?退職したい・・・でも、退職届ってどうやって書くの? という悩みを抱えている方は多いと思います。 生きているうちに退職届を書く...

7.有給休暇申請書を作成する

残っている有給休暇を消化するために有給休暇申請書を作成しましょう。

法律上、退職の意向を伝えてから2週間で会社を辞められます。

(民法627条)当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する
引用:民法-e-Gob-法令検索

こういうと退職まで2週間は会社に行かないといけないように思えますよね。

しかし退職までの2週間は全て有給を使って休むことが可能。もし有給が足りない場合は欠勤でも大丈夫です。

ブラック企業には1日でも早く行かなくて済むようにしたいですよね。

遠慮せずに残っている有給は全て使いましょう。

ブラック企業の辞め方〜実行編〜

ここまでに解説した準備が終わったら、いよいよ退職を実行に移します。

退職する場合は、上司に直接伝えないといけないわけではありません。上司と顔を合わせなくても退職することは可能です。

ブラック企業を辞めるための行動は、以下の4つ。

  1. 退職届と有給休暇申請書を提出(郵送でOK)
  2. 備品を返却する
  3. 離職票を請求し受け取る
  4. 失業保険・社会保険・年金の手続き(転職先が決まっていない場合)

順番に見ていきましょう。

1.退職届と有給休暇申請書を提出(郵送でOK)

事前に準備した退職届と有給休暇申請書を会社に提出します。

ブラック企業であれば、退職を申し出ても素直に認めてくれる可能性は低いです。

しかし退職届と有給休暇申請書の提出は、郵送でもOK

会社で上司と顔を合わせなくても退職できます

ただ、郵送する時は必ず内容証明郵便にしてください。

なぜなら退職届と有給休暇申請書を会社が破棄してしまう可能性があるため。

破棄されてしまえば無効なので、退職できません。

管理人
管理人
内容証明郵便で郵送していれば、郵便局が文書が郵送されたことを証明してくれます。

そのため会社が「受け取っていない」と言い逃れをすることがありません。

2.備品を返却する

会社から借りていた備品は全て返却しておきましょう。

返却すべき備品は以下のもの。

  • 制服
  • 名刺
  • 社員証
  • カギ・セキュリティカード
  • 通勤定期(現物支給されたもの)
  • 社費で買った備品
  • 会社から支給された携帯・パソコン
  • 書類・データ

退職届と有給休暇申請書と同じく、備品の返却も郵送で大丈夫です。

3.離職票を請求し受け取る

離職票は退職したことを証明するもので、通常は退職後に発行されます。

しかしブラック企業の場合、離職票が発行されないかもしれません。

離職票がないと、このあと解説する失業保険の受給や国民年金保険に加入できなくなるので、こちらから請求しましょう。

また、退職証明書と離職票は別のものなので注意してください。

さらに詳しいことは、以下の記事で解説しています。

退職証明書とは?どんなときに使う?離職票との違いは?会社を退職したとき、会社から発行される書類というものがあります。 それがと「退職証明書」と「離職票」です。 どちらも会社を辞...

4.失業保険・社会保険・年金の手続き(転職先が決まっていない場合)

まだ転職先が決まっていない場合は、失業保険・社会保険・年金の手続きを行いましょう。

失業保険は職業安定所、社会保険と年金は自治体の窓口で手続きができます。

失業保険を受給する条件は以下のもの。

  • 退職前に2年以上雇用保険に加入していた
  • 求職活動をしている
  • 転職先が決まっていない

これらの条件を満たしていれば、基本手当日額を所定給付日数で割った分のお金を受け取れます。

健康保険については、会社で加入していた健康保険を任意継続する手続きと、「国民健康保険」への加入に変更する手続きが必要です。

健康保険に加入していないと、転職までの間に病院に行った場合医療費は全額自分で負担しなければいけません。

次に年金ですが、会社を辞めると転職までの間に年金の未納期間が発生します。

そのため未納のままだと将来もらえる年金が減ってしまうので、嫌な人は手続きしておきましょう。

管理人
管理人
転職後には会社が健康保険と年金の手続きを行ってくれるので、何もしなくて大丈夫です。

ブラック企業を辞める時のよくある6つの疑問を解説

疑問

ブラック企業の退職は一般的な会社の場合とは違うので、分からないことも多いです。

そこでここからは、ブラック企業を辞める時のよくある6つの疑問を解説していきます。

  1. 上司から引き止めにあったらどうする?
  2. 損害賠償を請求すると言われたら?
  3. 有給消化を拒否されたら?
  4. 未払いの残業代は請求できる?
  5. 辞めたら職歴に傷がつく?
  6. 退職の理由はなんて言えばいい?

順番に見ていきましょう。

1.上司から引き止めにあったらどうする?

ブラック企業であれば、退職を伝えると上司や会社が引き止めてくることがあります。

しかし上司の引き止めは無視して大丈夫。

前述したように民法で、退職の意向を伝えてから2週間で辞められることが明記されているからです。

退職は法律で認められている労働者の権利

管理人
管理人
そのため、上司や会社がどんな理由で引き止めてきても関係なく退職できます。

2.損害賠償を請求すると言われたら?

前述した退職の引き止めとも関連しますが、退職の意向を伝えると「損害賠償を請求するぞ!」と言われることも。

そんなことを言われると不安になるかと思いますが、これも無視しましょう。

なぜなら損害賠償なんてできないからです。

損害賠償について、労働基準法で以下のように定められています。

(民法420条)使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。
引用:民法-e-Gob-法令検索

損害賠償を請求できるのは、会社に損害を与えたと認められる場合のみ。

しかもそれは金銭の横領など、犯罪レベルの行為をしていないと認められません。

退職するだけなら、会社に損害を与えることにはなりません。ただの脅しなので無視しておきましょう。

3.有給消化を拒否されたら?

会社が有給消化を拒否することもありますが、これは違法です。

有給については、労働基準法で定められています。

(労働基準法第39条)使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。
引用:厚生労働省

しかし会社が有給消化を拒否してきたら、社内解決はあまり望めません。

拒否してきた場合は、労働局や労働基準監督署に相談してみてください。

4.未払いの残業代は請求できる?

会社から支払われていない残業代がある場合、請求することは可能です。

しかし会社は以下のような理由で、残業代を支払うのを拒否するかもしれません。

  • 就業規則で残業代はないと定めている
  • 勝手に残業をしたのだから払う必要はない

まともに交渉しても、会社が未払いの残業代を支払ってくれる可能性は低いです。

残業代の請求は、内容証明郵便を使って行いましょう。それでも応じないようなら、労働基準監査署に相談してください。

5.辞めたら職歴に傷がつく?

退職の意向を伝えると、上司から以下のようなことを言われることがあります。

  • 退職なんて甘え
  • すぐ辞めたら職歴に傷がつく

確かに早期退職だと、就職活動での印象はよくないです。

しかし面接では、勤務期間だけを見ているわけではありません。企業との適性などを総合的に判断して、合否を出しています。

職歴に傷がつくといっても、2度と就職できなくなるようなものではありません。

6.退職の理由はなんて言えばいい?

退職の理由は、ブラック企業だからといって難しく考える必要はありません。

一般的な会社と同じく「他にやりたいことができた」などで大丈夫です。

管理人
管理人
そもそもブラック企業は、退職理由に関係なく引き止めようとしてきます。

そのため、どんな理由を伝えても同じことです。

退職を伝えて、上司からあれこれ言われるのは嫌ですよね。

しかし退職代行を使えば、会社に退職理由を伝えることなく退職できます。詳しいことはこの後解説しますね。

もう2度とブラック企業に就職しない!転職時に気をつけるべき5つのポイント

ブラック企業を無事退職し、転職先も決定。「やっとブラック企業から解放された!」と思いきや、転職先もブラック企業だった…

このようなことになっては、転職した意味がないですよね。

2度とブラック企業に就職しないために、転職活動の時点で気をつけるべきポイントが5つあります。

  1. 企業のホームページがない
  2. 募集要項にやる気など根性論が多い
  3. 離職率が高い
  4. 社員・面接官の対応を見る
  5. 深夜に会社へ電話をかけてみる

順番に見ていきましょう。

1.企業のホームページがない

まず企業のホームページを確認してみましょう。

基本的にホームページはあるものですが、もしホームページが見つけられなかったら要注意。

ホームページがないということは、企業情報を公にしたくない理由があることが想像できます。

もしホームページがあっても、事業内容など会社のことがよく分からない内容だったら警戒してください。

2.募集要項にやる気など根性論が多い

ブラック企業には、精神論を振りかざすところが多いです。

そのような会社は、募集要項でも以下のような精神論を掲げています。

  • 気合
  • 熱量
  • 感謝

こういった記述がある会社には注意しましょう。

3.離職率が高い

劣悪な環境のブラック企業であれば当然会社を辞めていく人が多いので、離職率が高いです。

管理人
管理人
日本企業の離職率は、一般的な会社で1年で1割ほどのもの。

もし離職率が1年で2〜3割を超えているようなら、ブラック企業を疑った方がいいです。

4.社員・面接官の対応を見る

ここまで解説したように求人などの情報から読みとれることも多いですが、結局のところ実際に会社に行ってみないと分かりません。

転職活動では、見学や面接で会社を訪れる機会があります。その際に会社の様子をよく観察しましょう。

  • オフィスが雑然としている・汚い
  • 社員が無愛想・態度が悪い
  • 怒鳴り声が聞こえてくる
  • 面接官が圧迫的
  • 会社のいいところばかりアピールしてくる

このような特徴の会社は内定が出たとしても、就職するか慎重に考えましょう。

5.深夜に会社へ電話をかけてみる

  • ブラック企業で特に多いのが長時間労働
  • 求人と実際の残業時間が違うことはよくある
  • 夜遅くに電話
  • 社員が出るなら長時間の残業をしていることが分かる

参考LEGAL MALLブラック企業の10個の特徴と誤って入社してしまった場合の対処法

ブラック企業で最も多いのが長時間労働

働き始める前に長時間労働の有無を確認するため、深夜に電話をかけてみましょう。

深夜に電話をかけてみて社員が応対するようなら、長時間労働をしていることが分かります。

ここまでに紹介した以外の働き始めてから分かる特徴については、以下の記事を参考にしてみてください。

こんな会社は要注意!ブラック企業に多い特徴5つを解説労働基準法を大きく逸脱した業務実態や、セクハラ・パワハラが横行する職場、そんな社員をないがしろにするブラック企業が大きな社会問題となって...

まとめ:ブラック企業を今すぐ辞めたいなら「退職代行」を使おう

最後にここまでの内容をまとめます。

  • ブラック企業で働き続けるとうつ病になる可能性がある
  • 法律上退職を申し出てから2週間で辞められる
  • 退職届の提出は郵送でも可能

自分が働いているのがブラック企業であれば、すぐにでも退職すべきです。

辞めたいと思いながら我慢して働き続けると、最悪の場合うつ病になってしまいます。

ブラック企業は脅しなどで強引に退職を取り消そうとしてきますが、法律上退職を申し出てから2週間で退職が可能。

退職届を郵送で提出すれば、上司と顔を合わせなくても会社を辞められます。

しかし退職手続きがすべて終わるまでには時間がかかりますし、その間の期間は不安が強いかもしれません。

管理人
管理人
ブラック企業を今すぐにでも辞めたい場合は、退職代行を使いましょう。

退職代行とは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスのこと。

  • 上司と顔を合わせることなく退職できる
  • メール、電話、LINEでやり取り可能
  • 雇用形態に関係なく利用できる

中でも「J-NEXT」は業界最安値の20,000円で利用できます。どうしても辞めづらい時は相談してみてくださいね。

http://j-next.biz/media/j-next/

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ